電子書籍 アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う(ハヤカワ文庫FT) 文芸・小説

著: ゲイル・キャリガー  訳者: 川野靖子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う あらすじ・内容

異界族と人類が共存するヴィクトリア朝ロンドン。伯爵夫人アレクシアは妊娠八カ月を迎えた。お腹の子の異能を恐れる吸血鬼の執拗な攻撃に、人狼団はある秘策を打つ。そんななか消滅寸前のゴーストが現われ、女王暗殺をほのめかした。凶事を防ぐべく暗中模索の捜査を始めたアレクシアは、やがて夫マコン卿と人狼団にまつわる過去の秘密と出会う――謎解きとユーモアと叙情が贅沢に織りなすスチームパンク冒険奇譚、第4弾

この作品を共有

「アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う(ハヤカワ文庫FT)」最新刊

異界族と人類が共存するヴィクトリア朝ロンドン。伯爵夫人アレクシアは妊娠八カ月を迎えた。お腹の子の異能を恐れる吸血鬼の執拗な攻撃に、人狼団はある秘策を打つ。そんななか消滅寸前のゴーストが現われ、女王暗殺をほのめかした。凶事を防ぐべく暗中模索の捜査を始めたアレクシアは、やがて夫マコン卿と人狼団にまつわる過去の秘密と出会う――謎解きとユーモアと叙情が贅沢に織りなすスチームパンク冒険奇譚、第4弾

「アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う(ハヤカワ文庫FT)」の作品情報

レーベル
ハヤカワ文庫FT
出版社
早川書房
ジャンル
文芸・小説 ファンタジー
ページ数
442ページ (アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う)
配信開始日
2013年11月1日 (アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad