電子書籍 私はガス室の「特殊任務」をしていた 知られざるアウシュヴィッツの悪夢 実用

著: シュロモ・ヴェネツィア  訳者: 鳥取絹子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

私はガス室の「特殊任務」をしていた 知られざるアウシュヴィッツの悪夢 あらすじ・内容

アウシュヴィッツ収容所で殺されたユダヤ人同胞たちをガス室から搬出し、焼却棟でその遺体を焼く仕事を強制された特殊任務部隊があった。生き残った著者がその惨劇を克明に語る衝撃の書。

この作品を共有

「私はガス室の「特殊任務」をしていた 知られざるアウシュヴィッツの悪夢」最新刊

アウシュヴィッツ収容所で殺されたユダヤ人同胞たちをガス室から搬出し、焼却棟でその遺体を焼く仕事を強制された特殊任務部隊があった。生き残った著者がその惨劇を克明に語る衝撃の書。

「私はガス室の「特殊任務」をしていた 知られざるアウシュヴィッツの悪夢」の作品情報

レーベル
河出文庫
出版社
河出書房新社
ジャンル
実用 ノンフィクション 歴史 社会
ページ数
264ページ (私はガス室の「特殊任務」をしていた 知られざるアウシュヴィッツの悪夢)
配信開始日
2018年5月25日 (私はガス室の「特殊任務」をしていた 知られざるアウシュヴィッツの悪夢)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad