電子書籍 狼が連れだって走る月(河出文庫) 実用

著: 管啓次郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

狼が連れだって走る月 あらすじ・内容

旅する詩人思想家の不滅の名著。土地の精霊たちを言葉と記憶に呼び覚ましながら、その彼方に新たな世界の魅惑と文学の力を見出す輝かしく美しい詩と思考の奇蹟。

  • シェア:

「狼が連れだって走る月(河出文庫)」最新刊

旅する詩人思想家の不滅の名著。土地の精霊たちを言葉と記憶に呼び覚ましながら、その彼方に新たな世界の魅惑と文学の力を見出す輝かしく美しい詩と思考の奇蹟。

「狼が連れだって走る月(河出文庫)」の作品情報

レーベル
河出文庫
出版社
河出書房新社
ジャンル
実用 哲学 思想
ページ数
324ページ (狼が連れだって走る月)
配信開始日
2016年7月29日 (狼が連れだって走る月)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad