電子書籍 「日本の翼」の真実(Voice S) 実用

著: 水間政憲 

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「日本の翼」の真実 【Voice S】 あらすじ・内容

国産機の初飛行から百余年、断絶させられていた日本人の空の「誇り」を甦らせる歴史ストーリー。

第二次世界大戦まで、日本の航空機技術は世界の最先端に達していた。しかし敗戦とともにその技術は機体とともにGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)に根こそぎ奪われ、米国へ持ち去られてしまった。いま、国産小型旅客機・三菱MRJやホンダジェットなど「日本の翼」が長い沈黙を破り、再び世界に羽ばたこうとしている。これらの航空機が世界を飛び交うとき、日本は「真の戦後」のスタートラインに立ったといえるだろう。国産機の初飛行から百余年、断絶させられていた日本人の空の「誇り」を甦らせる歴史ストーリー。※本コンテンツは月刊誌『Voice』2016年3月号の掲載記事を電子化したものです。

この作品を共有

「「日本の翼」の真実(Voice S)」最新巻

日本航空機産業の歴史からは「世界初」の事実がことごとく抹殺されてきた。わが国を「後進国」に据え置かなければ戦後、西欧諸国が納得しなかったからだ。ところが「日本の翼」の実力はまさに世界記録ものであり、次々と航空技術史を塗り替える事件が起こっていた。近現代史研究家による捏造史観からの脱出。※本コンテンツは月刊誌『Voice』2016年6月号の掲載記事を電子化したものです。

「「日本の翼」の真実(Voice S)」作品一覧

(4冊)

日本限定

まとめてカート

第二次世界大戦まで、日本の航空機技術は世界の最先端に達していた。しかし敗戦とともにその技術は機体とともにGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)に根こそぎ奪われ、米国へ持ち去られてしまった。いま、国産小型旅客機・三菱MRJやホンダジェットなど「日本の翼」が長い沈黙を破り、再び世界に羽ばたこうとしている。これらの航空機が世界を飛び交うとき、日本は「真の戦後」のスタートラインに立ったといえるだろう。国産機の初飛行から百余年、断絶させられていた日本人の空の「誇り」を甦らせる歴史ストーリー。※本コンテンツは月刊誌『Voice』2016年3月号の掲載記事を電子化したものです。

第二次世界大戦まで、日本の航空機技術は世界の最先端に達していた。しかし敗戦とともにその技術は機体とともにGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)に根こそぎ奪われ、米国へ持ち去られてしまった。いま、国産小型旅客機・三菱MRJやホンダジェットなど「日本の翼」が長い沈黙を破り、再び世界に羽ばたこうとしている。これらの航空機が世界を飛び交うとき、日本は「真の戦後」のスタートラインに立ったといえるだろう。国産機の初飛行から百余年、断絶させられていた日本人の空の「誇り」を甦らせる歴史ストーリー。※本コンテンツは月刊誌『Voice』2016年4月号の掲載記事を電子化したものです。

日本航空機産業の歴史からは「世界初」の事実がことごとく抹殺されてきた。わが国を「後進国」に据え置かなければ戦後、西欧諸国が納得しなかったからだ。ところが「日本の翼」の実力はまさに世界記録ものであり、次々と航空技術史を塗り替える事件が起こっていた。近現代史研究家による捏造史観からの脱出。※本コンテンツは月刊誌『Voice』2016年5月号の掲載記事を電子化したものです。

「「日本の翼」の真実(Voice S)」の作品情報

レーベル
Voice S
出版社
PHP研究所
ジャンル
実用 政治
ページ数
28ページ (「日本の翼」の真実 【Voice S】)
配信開始日
2016年7月29日 (「日本の翼」の真実 【Voice S】)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad