電子書籍 クロワッサン特別編集 実用

著: マガジンハウス 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

クロワッサン特別編集 身内が亡くなったときの手続き あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※本ムックはカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

親やパートナーはいつまでも元気で一緒に居られると思っていませんか?
当たり前のように続くと思っていた幸せな日々。しかしお別れの時はある日必ずやってきます。
悲しみにくれる一方で、待ったなしなのが、葬儀から始まり相続へつながる諸々の手続き。
面倒で複雑そうに見える手続きの数々ですが、しっかり段階を踏んで処理すれば、すべて自分でこなすことができます。
本書ではまず、今回監修をしていただいた税理士の内田麻由子さんと、自身も両親の介護を長く経験した作家の久田恵さんの対談から。
最愛の身内が大切にしていた時間にどう向き合い、形を整えていくのかの一端をお聞きします。
実用編は、葬儀・法要、公的機関などの手続き、相続の手続き、墓の手続き、これだけは絶対に押さえておきたいという、必要十分な基礎知識を、誰にでもわかるように解説しました。
大切な人とのお別れの後、故人の意思をしっかり整えるための方法が本書には盛り込まれています。
1日に1冊、超保存版の一冊です。

この作品を共有

「クロワッサン特別編集」最新刊

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※本ムックはカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

2018年度介護保険制度改正に対応。
最新情報を盛り込んだ新訂版です。

まだまだ元気と思っていた大切な身内。
ところがある日突然にケガや病気で介護が必要になってしまうことがある。
その時、何の準備もなく介護難民状態になってしまったら、
介護される側もする側も不幸な事態に。
大切なのは事前に介護に関する正しい知識や情報を知っておくこと。
介護は「知識と情報」が勝負です。


正しい手続きを踏むことで、きっと介護難民を回避できるはず。
本書では「介護の準備」「在宅介護」「介護の制度・お金」「施設介護」、
各段階での必要な知識と手続きの数々を、分かりやすく整理しました。
「介護の準備」では、介護全体の流れから、
日常的に身内と接しているときに心がけること、
介護にならないようにする予防手段などを解説。
「在宅介護」では、入院から始まる介護の流れを、
在宅で受けられるサービスを中心に紹介。
ケアマネジャーとの付き合い方などもわかります。
「介護の制度・お金」では、一番気になる費用について、
知っておくべき制度や費用の目安を解説。
金銭的に破綻しないノウハウが学べます。
「施設介護」では、施設への入所という、
介護される側にとってデリケートな問題を、施設の選び方から指南。
気になるケース別のマネープランも分かりやすく解説。
実際の施設を取材。介護される身内の不安を解消する内容です。

そして今回は、前向きに老後を暮らしたい方に向けて、
元気なうちから入る「自立型」の施設も取材しました。
ホテル並みの施設と安心安全な介護・医療体制のもと、
人生のご褒美の日々を気ままに楽しく過ごせる、
安全・快適・豪華な自立型高齢者ホームライフを紹介します。

大切な身内に介護が必要と感じたら、
まずは落ち着いて本書を一読してください。
いざという時の強い味方になる一冊です。

「クロワッサン特別編集」作品一覧

(12冊)

630円〜880円(+税)

まとめてカート

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※本ムックはカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

親やパートナーはいつまでも元気で一緒に居られると思っていませんか?
当たり前のように続くと思っていた幸せな日々。しかしお別れの時はある日必ずやってきます。
悲しみにくれる一方で、待ったなしなのが、葬儀から始まり相続へつながる諸々の手続き。
面倒で複雑そうに見える手続きの数々ですが、しっかり段階を踏んで処理すれば、すべて自分でこなすことができます。
本書ではまず、今回監修をしていただいた税理士の内田麻由子さんと、自身も両親の介護を長く経験した作家の久田恵さんの対談から。
最愛の身内が大切にしていた時間にどう向き合い、形を整えていくのかの一端をお聞きします。
実用編は、葬儀・法要、公的機関などの手続き、相続の手続き、墓の手続き、これだけは絶対に押さえておきたいという、必要十分な基礎知識を、誰にでもわかるように解説しました。
大切な人とのお別れの後、故人の意思をしっかり整えるための方法が本書には盛り込まれています。
1日に1冊、超保存版の一冊です。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※本ムックはカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

親が突然倒れたら、ボケたりしたらどうすればいいのか。
考えると怖いからと、先送りにしてませんか?
悲しいけれど、その時はきっとやってきます。
入院して安静にしすぎるとかかってしまう生活不活発病。
薬で無理に抑えるとかえって悪化してしまう認知症。
老人を子ども扱いしない介護施設の選び方。
病院ではなく、自宅で看取るための方法。
介護保険制度の矛盾。
エンディングノートと遺書の違い。
葬儀やお墓、遺品整理や相続まで、
親の最期にまつわる全てのことが、
この1冊でわかります。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※本ムックはカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

認知症は原因がわからない。
予防も治療もままならない。
だからこそ、
認知症について正しいことだけを知りたい。

65歳以上の4人に1人は認知症。
2017年には、認知症1000万人時代が訪れます。

認知症になっても何もかもできなくなるわけではない。
薬で進行を遅らせながら、
今までと変わらない生活を送る人たちに、
認知症になってからの日々をお話しいただきました。

治せないからこそ治したい。
認知症と闘う医師たちに、
認知症になってもできることが山ほどある。
その考え方、具体的な方法を教えていただきました。

ちゃんとわかれば、認知症はこわくない。
そのことを一人でも多くの方に知っていただきたいです。

「クロワッサン特別編集」の作品情報

レーベル
――
出版社
マガジンハウス
ジャンル
実用 マナー・冠婚葬祭
ページ数
84ページ (クロワッサン特別編集 身内が亡くなったときの手続き)
配信開始日
2016年7月29日 (クロワッサン特別編集 身内が亡くなったときの手続き)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad