電子書籍 米軍と人民解放軍 米国防総省の対中戦略 新書

著: 布施哲 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

米軍と人民解放軍 米国防総省の対中戦略 あらすじ・内容

本書の第4章「米中衝突2030」では、台湾海峡危機と南シナ海危機に端を発する、日本と台湾を巻き込んだ米中の武力衝突を、「戦争シミュレーション」という形で描いている。日本にとって最悪のシナリオとは? 中国海軍の「本当の実力」と「アキレス腱」、自衛隊に課せられた役割と米軍の反撃作戦とは――。アメリカが想定する米中紛争シミュレーションをもとに、「集団的自衛権」後の安全保障を考える。(講談社現代新書)

この作品を共有

「米軍と人民解放軍 米国防総省の対中戦略」最新巻

本書の第4章「米中衝突2030」では、台湾海峡危機と南シナ海危機に端を発する、日本と台湾を巻き込んだ米中の武力衝突を、「戦争シミュレーション」という形で描いている。日本にとって最悪のシナリオとは? 中国海軍の「本当の実力」と「アキレス腱」、自衛隊に課せられた役割と米軍の反撃作戦とは――。アメリカが想定する米中紛争シミュレーションをもとに、「集団的自衛権」後の安全保障を考える。(講談社現代新書)

「米軍と人民解放軍 米国防総省の対中戦略」の作品情報

レーベル
講談社現代新書
出版社
講談社
ジャンル
新書 軍事 飛行機 ミリタリー
ページ数
283ページ (米軍と人民解放軍 米国防総省の対中戦略)
配信開始日
2014年9月26日 (米軍と人民解放軍 米国防総省の対中戦略)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad