電子書籍 核と日本人 ヒロシマ・ゴジラ・フクシマ 新書

著: 山本昭宏 

まずは、無料で試し読み

試し読み

43ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

核と日本人 ヒロシマ・ゴジラ・フクシマ あらすじ・内容

唯一の戦争被爆国である日本。戦後、米国の「核の傘」の下にありながら、一貫して「軍事利用」には批判的だ。だが原子力発電を始めとする「平和利用」についてはイデオロギーと関わりなく広範な支持を得てきた。東日本大震災後もなお支持は強い。それはなぜか――。本書は、報道、世論、知識人、さらにはマンガ、映画などのポピュラー文化に注目、戦後日本人の核エネルギーへの嫌悪と歓迎に揺れる複雑な意識と、その軌跡を追う。

この作品を共有

「核と日本人 ヒロシマ・ゴジラ・フクシマ」最新巻

唯一の戦争被爆国である日本。戦後、米国の「核の傘」の下にありながら、一貫して「軍事利用」には批判的だ。だが原子力発電を始めとする「平和利用」についてはイデオロギーと関わりなく広範な支持を得てきた。東日本大震災後もなお支持は強い。それはなぜか――。本書は、報道、世論、知識人、さらにはマンガ、映画などのポピュラー文化に注目、戦後日本人の核エネルギーへの嫌悪と歓迎に揺れる複雑な意識と、その軌跡を追う。

「核と日本人 ヒロシマ・ゴジラ・フクシマ」の作品情報

レーベル
中公新書
出版社
中央公論新社
ジャンル
新書 文化 歴史 社会 学問
ページ数
286ページ (核と日本人 ヒロシマ・ゴジラ・フクシマ)
配信開始日
2016年7月30日 (核と日本人 ヒロシマ・ゴジラ・フクシマ)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad