電子書籍 侯爵令嬢は手駒を演じる ラノベ

著: 橘千秋  イラスト: 蒼崎律 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

78ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

侯爵令嬢は手駒を演じる 1 あらすじ・内容

社交界では『完璧な淑女』と呼ばれる侯爵令嬢ジュリアンナには秘密があった。『完璧な淑女』は、実は趣味で演じている役に過ぎない。虚構の仮面なのだ! ある日、理想の王子様と称賛されるが、実は腹黒な第二王子エドワードから、何故か王宮に呼び出され、鬼畜な命令をされてしまう。「俺の手駒になってよ、お前に拒否権はない」 (うわぁ……王子ってば真っ黒に輝いているわ)ジュリアンナは悲願達成のために不本意ながら第二王子の手駒として任務に就くのだが……!?  第二回ライト文芸新人賞唯一の『優秀賞』作品! 「――すべてを騙し、命がけの舞台で演じきって 見せると、わたしの誇りに賭けて誓いましょう!」

この作品を共有

「侯爵令嬢は手駒を演じる」最新刊

ディアギレフ帝国が自国へ侵攻したという報を聞き、隣国から帰還した『完璧な淑女』ジュリアンナを待ち受けていたのは、『鬼畜腹黒王子』エドワードからの婚約破棄だった。「わたしを弄んだことを後悔させてやる!」手のひら返しに憤るジュリアンナだったが、彼が敵地である帝国へ赴こうとしていることを知り、自分も同行すると決意する。二人は帝国内でのクーデターを目論む反乱分子「革命政府」との協力を試みるのだが―― 演技派令嬢ファンタジー、堂々完結! 「わたしは守られるだけの女じゃないわ。貴方と歩む未来のために戦ってみせましょう!」
※紙書籍第1巻についていたオリジナルショートストーリー掲載

「侯爵令嬢は手駒を演じる」作品一覧

(4冊)

各900円 (+税)

まとめてカート

社交界では『完璧な淑女』と呼ばれる侯爵令嬢ジュリアンナには秘密があった。『完璧な淑女』は、実は趣味で演じている役に過ぎない。虚構の仮面なのだ! ある日、理想の王子様と称賛されるが、実は腹黒な第二王子エドワードから、何故か王宮に呼び出され、鬼畜な命令をされてしまう。「俺の手駒になってよ、お前に拒否権はない」 (うわぁ……王子ってば真っ黒に輝いているわ)ジュリアンナは悲願達成のために不本意ながら第二王子の手駒として任務に就くのだが……!?  第二回ライト文芸新人賞唯一の『優秀賞』作品! 「――すべてを騙し、命がけの舞台で演じきって 見せると、わたしの誇りに賭けて誓いましょう!」

わたし、ジュリアンナは社交界で『完璧な淑女』と呼ばれる一方、未だに『腹黒王子』エドワードの手駒として、王都教会に潜入していた。王都教会では見習い看護師エレンを演じつつ、協力者と一緒に黒幕の正体に迫っていく……。 わたしは王子にも秘密の役を演じながら、悲願達成のために動き出す。そして、最愛の弟である美形諜報員に加え、腹黒王子、冷血補佐官、能天気騎士、最強メイドたちと共に、得意の演技力でスカッと、黒幕の悪巧みを防いでみせましょう!!大人気につき、一巻即重版作品の第二幕、開演! 「ルイス侯爵家令嬢ジュリアンナが、宣戦布告をいたします。どうか、ご覚悟を――!」

『完璧な淑女』ジュリアンナは隣国の暗部を探る王命を受け、『鬼畜腹黒王子』エドワードらと共にサモルタ王国へと向かう。「……この国、かなりおかしいのですわ」サモルタはジュリアンナと同じ紫の瞳を“神眼”と崇拝する王国。王女・リスターシャは片目の神眼が理由で、王位継承争いの渦中に居た。彼女の不遇に胸を痛めたジュリアンナは、隣国幹部達の謀略へと立ち向かう!! そしてもう一人、存在しないはずの王位継承者が! 彼の姿はリスターシャとそっくりで――。今度の令嬢は隣国の王子の手駒を演じる!? 「手駒になってあげる。感謝なさって?」

「侯爵令嬢は手駒を演じる」の作品情報

レーベル
アリアンローズ
出版社
アリアンローズ
ジャンル
ライトノベル 女性向け
ページ数
327ページ (侯爵令嬢は手駒を演じる 1)
配信開始日
2016年8月12日 (侯爵令嬢は手駒を演じる 1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad