電子書籍 THE NESSIE ザ・ネッシー 湖底に眠る伝説の巨獣 文芸

著: ボイド・モリソン 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

THE NESSIE ザ・ネッシー 湖底に眠る伝説の巨獣 上 あらすじ・内容

湖底に眠る伝説の生物の謎が解き明かされる時、ナチスの遺した〈古の武器〉が発動する……
それは、世界の終末の始まりなのか──
〈シグマフォース〉のジェームズ・ロリンズ大絶賛!

ジェットコースターのような疾走感とアクション、胸躍る歴史的薀蓄の数々と先読み不能の頭脳戦。
だまされたと思って、ダン・ブラウン作品を置いて、ボイド・モリソンの小説を読んでみてほしい。
──リサ・ガードナー[作家]

◎謎の未確認生物×ナチの秘密兵器! ダーウィンと謎の生物の出会いが、世界を揺るがす大惨事を巻き起こす……
◎いまだ解き明かされない謎生物──ネッシー。果たして存在するのか? それとも──。エッフェル塔で起きたテロ攻撃の裏に隠された陰謀。それは、謎の生物と関連し、やがて第三次世界大戦勃発の危機へとつながっていく……。
◎『THE ARK 失われたノアの方舟』『THE MIDAS CODE 呪われた黄金の手』『THE ROSWELL 封印された異星人の遺言』に続く、〈タイラー・ロックの冒険〉シリーズ第4弾。タイトルにもあるネス湖のモンスターの謎をダーウィンの進化論とともに追って、またもや壮大なストーリーが繰り広げられる。タイラーとグラントの黄金コンビはもちろんのこと、タイラーの妹も登場。
◎【ストーリー】イスラム教国首脳会議が開催されたパリのエッフェル塔が、テロ攻撃を受けた。タイラー・ロックとグラント・ウェストフィールドの活躍により、敵の計画は阻止できたかに思えたものの、数日後、会議に参加していた指導者たちが次々と死亡。中東各国はイスラエルの関与を疑い、一触即発の緊張状態に。このままでは欧米を巻き込み、第三次世界大戦勃発の可能性が──。ところが、テロ現場からナチス開発の秘密化学兵器〈アルトヴァッフェ〉が発見され、事態は衝撃の展開へ。一方、タイラーの妹で動物学者のアレクサは、ネス湖調査中に謎の生物を目撃。それが原因となり、思わぬ形で彼女は一連の事件に巻き込まれていく。

■ネッシーとは Nessie
イギリスのスコットランドにあるネス湖で目撃されたとされる未確認動物のこと。ネッシーは、「ネス湖の怪獣 (Loch Ness Monster)」の通称。西暦565年、アイルランド出身の聖職者コルンバの生涯に関する伝記中で言及されたのが、ネッシーの発見報告の最古のものとされている。一九三三年以降に目撃例が飛躍的に増えているのは、ネス湖周辺の道路が整備されたことが起因とされている。一九三三年五月に湖畔でホテル経営をする夫婦による目撃談、同年の十一月には最初の写真が撮影されている。そして、翌年の四月にネッシーの最も有名な通称「外科医の写真」が新聞に掲載され、世界的に反響となる。ただし、この写真は後に捏造であったことが判明している。だが、写真や映像など数多くのものがあり、未だにその存在は謎とされている。

この作品を共有

「THE NESSIE ザ・ネッシー 湖底に眠る伝説の巨獣」最新巻

「環境が変化する中で、適応できないものは絶滅し、適応に優れた種だけが生き残っていく」
──チャールズ・ダーウィン

謎の未確認生物×ナチの秘密兵器!
ダーウィンと謎の生物の出会いが世界を揺るがす大惨事を巻き起こす……
ネス湖の謎の生物〈ネッシー〉の驚愕の解釈!

最初のページから読み手を痺れさせる、緊張感あふれる展開と機知に富んだ内容。
フルスロットルの興奮で心拍数は急上昇だ!
──スティーブ・ベリー[作家]

◎湖底に眠る伝説の生物の謎が解き明かされる時、ナチスの遺した〈古の武器〉が発動する……それは、世界の終末の始まりなのか──。
◎いまだ解き明かされない謎生物──ネッシー。果たして存在するのか? それとも──。エッフェル塔で起きたテロ攻撃の裏に隠された陰謀。それは、謎の生物と関連し、やがて第三次世界大戦勃発の危機へとつながっていく……。
◎『THE ARK 失われたノアの方舟』『THE MIDAS CODE 呪われた黄金の手』『THE ROSWELL 封印された異星人の遺言』に続く、〈タイラー・ロックの冒険〉シリーズ第4弾。タイトルにもあるネス湖のモンスターの謎をダーウィンの進化論とともに追って、またもや壮大なストーリーが繰り広げられる。タイラーとグラントの黄金コンビはもちろんのこと、タイラーの妹も登場。
◎【ストーリー】グラントも化学兵器の毒に晒されていたことが判明。しかし、解毒剤を作るには、未確認生物研究家アンドレ・ラロッシュの暗号めいた手紙を解読しなければならなかった。タイラーたちは、手がかりを求めてベルサイユ宮殿とケンブリッジ大学へ。白人至上主義者ビクター・ジムらの執拗な追跡で何度も危険な目に遭いながらも、彼らはついにエジンバラで解毒剤作成の大きなヒントを掴む。材料には伝説の生物ネッシーの組織が必要なのだ。チャールズ・ダーウィンの友人で剥製師のジョン・エドモンストンの日記を読み、一行はネス湖へ繰り出すが、グラントの命の期限が迫る中、想像を絶する湖上の死闘が彼らを待っていた。

■チャールズ・ダーウィン Charles Robert Darwin 一八〇九─一八八二
イギリスの自然科学者・地質学者・生物学者。大学で医学、キリスト教神学を学ぶなか自然史への興味を育む。ビーグル号での5年にわたる航海の経験で著名な地理学者となる一方、航海記によって人気作家にもなる。この航海で集めた野生動物と化石の地理的分布が、彼を種の変化の調査へと導き、自然選択説を思いつかせた。それを元に全ての生物種は共通の祖先から長い時間をかけて進化したことを明らかにし、種の形成理論を構築した。この進化理論は科学界と一般大衆に受け入れられ、修正を施されながら生物多様性に一貫した理論的説明を与え、現代生物学の基盤となっている。この進化論提唱の功績から生物学者とみられがちだが、本人は一貫として地質学者を名乗っていたという。また、現代の学会でも地質学者であるという認識で確立している。二〇〇二年BBCが行った「100名の最も偉大な英国人」投票で第四位となった。

「THE NESSIE ザ・ネッシー 湖底に眠る伝説の巨獣」作品一覧

(2冊)

各800円 (+税)

まとめてカート

湖底に眠る伝説の生物の謎が解き明かされる時、ナチスの遺した〈古の武器〉が発動する……
それは、世界の終末の始まりなのか──
〈シグマフォース〉のジェームズ・ロリンズ大絶賛!

ジェットコースターのような疾走感とアクション、胸躍る歴史的薀蓄の数々と先読み不能の頭脳戦。
だまされたと思って、ダン・ブラウン作品を置いて、ボイド・モリソンの小説を読んでみてほしい。
──リサ・ガードナー[作家]

◎謎の未確認生物×ナチの秘密兵器! ダーウィンと謎の生物の出会いが、世界を揺るがす大惨事を巻き起こす……
◎いまだ解き明かされない謎生物──ネッシー。果たして存在するのか? それとも──。エッフェル塔で起きたテロ攻撃の裏に隠された陰謀。それは、謎の生物と関連し、やがて第三次世界大戦勃発の危機へとつながっていく……。
◎『THE ARK 失われたノアの方舟』『THE MIDAS CODE 呪われた黄金の手』『THE ROSWELL 封印された異星人の遺言』に続く、〈タイラー・ロックの冒険〉シリーズ第4弾。タイトルにもあるネス湖のモンスターの謎をダーウィンの進化論とともに追って、またもや壮大なストーリーが繰り広げられる。タイラーとグラントの黄金コンビはもちろんのこと、タイラーの妹も登場。
◎【ストーリー】イスラム教国首脳会議が開催されたパリのエッフェル塔が、テロ攻撃を受けた。タイラー・ロックとグラント・ウェストフィールドの活躍により、敵の計画は阻止できたかに思えたものの、数日後、会議に参加していた指導者たちが次々と死亡。中東各国はイスラエルの関与を疑い、一触即発の緊張状態に。このままでは欧米を巻き込み、第三次世界大戦勃発の可能性が──。ところが、テロ現場からナチス開発の秘密化学兵器〈アルトヴァッフェ〉が発見され、事態は衝撃の展開へ。一方、タイラーの妹で動物学者のアレクサは、ネス湖調査中に謎の生物を目撃。それが原因となり、思わぬ形で彼女は一連の事件に巻き込まれていく。

■ネッシーとは Nessie
イギリスのスコットランドにあるネス湖で目撃されたとされる未確認動物のこと。ネッシーは、「ネス湖の怪獣 (Loch Ness Monster)」の通称。西暦565年、アイルランド出身の聖職者コルンバの生涯に関する伝記中で言及されたのが、ネッシーの発見報告の最古のものとされている。一九三三年以降に目撃例が飛躍的に増えているのは、ネス湖周辺の道路が整備されたことが起因とされている。一九三三年五月に湖畔でホテル経営をする夫婦による目撃談、同年の十一月には最初の写真が撮影されている。そして、翌年の四月にネッシーの最も有名な通称「外科医の写真」が新聞に掲載され、世界的に反響となる。ただし、この写真は後に捏造であったことが判明している。だが、写真や映像など数多くのものがあり、未だにその存在は謎とされている。

「環境が変化する中で、適応できないものは絶滅し、適応に優れた種だけが生き残っていく」
──チャールズ・ダーウィン

謎の未確認生物×ナチの秘密兵器!
ダーウィンと謎の生物の出会いが世界を揺るがす大惨事を巻き起こす……
ネス湖の謎の生物〈ネッシー〉の驚愕の解釈!

最初のページから読み手を痺れさせる、緊張感あふれる展開と機知に富んだ内容。
フルスロットルの興奮で心拍数は急上昇だ!
──スティーブ・ベリー[作家]

◎湖底に眠る伝説の生物の謎が解き明かされる時、ナチスの遺した〈古の武器〉が発動する……それは、世界の終末の始まりなのか──。
◎いまだ解き明かされない謎生物──ネッシー。果たして存在するのか? それとも──。エッフェル塔で起きたテロ攻撃の裏に隠された陰謀。それは、謎の生物と関連し、やがて第三次世界大戦勃発の危機へとつながっていく……。
◎『THE ARK 失われたノアの方舟』『THE MIDAS CODE 呪われた黄金の手』『THE ROSWELL 封印された異星人の遺言』に続く、〈タイラー・ロックの冒険〉シリーズ第4弾。タイトルにもあるネス湖のモンスターの謎をダーウィンの進化論とともに追って、またもや壮大なストーリーが繰り広げられる。タイラーとグラントの黄金コンビはもちろんのこと、タイラーの妹も登場。
◎【ストーリー】グラントも化学兵器の毒に晒されていたことが判明。しかし、解毒剤を作るには、未確認生物研究家アンドレ・ラロッシュの暗号めいた手紙を解読しなければならなかった。タイラーたちは、手がかりを求めてベルサイユ宮殿とケンブリッジ大学へ。白人至上主義者ビクター・ジムらの執拗な追跡で何度も危険な目に遭いながらも、彼らはついにエジンバラで解毒剤作成の大きなヒントを掴む。材料には伝説の生物ネッシーの組織が必要なのだ。チャールズ・ダーウィンの友人で剥製師のジョン・エドモンストンの日記を読み、一行はネス湖へ繰り出すが、グラントの命の期限が迫る中、想像を絶する湖上の死闘が彼らを待っていた。

■チャールズ・ダーウィン Charles Robert Darwin 一八〇九─一八八二
イギリスの自然科学者・地質学者・生物学者。大学で医学、キリスト教神学を学ぶなか自然史への興味を育む。ビーグル号での5年にわたる航海の経験で著名な地理学者となる一方、航海記によって人気作家にもなる。この航海で集めた野生動物と化石の地理的分布が、彼を種の変化の調査へと導き、自然選択説を思いつかせた。それを元に全ての生物種は共通の祖先から長い時間をかけて進化したことを明らかにし、種の形成理論を構築した。この進化理論は科学界と一般大衆に受け入れられ、修正を施されながら生物多様性に一貫した理論的説明を与え、現代生物学の基盤となっている。この進化論提唱の功績から生物学者とみられがちだが、本人は一貫として地質学者を名乗っていたという。また、現代の学会でも地質学者であるという認識で確立している。二〇〇二年BBCが行った「100名の最も偉大な英国人」投票で第四位となった。

「THE NESSIE ザ・ネッシー 湖底に眠る伝説の巨獣」の作品情報

レーベル
竹書房文庫
出版社
竹書房
ジャンル
文芸 オカルト 海外文学
ページ数
245ページ (THE NESSIE ザ・ネッシー 湖底に眠る伝説の巨獣 上)
配信開始日
2016年8月5日 (THE NESSIE ザ・ネッシー 湖底に眠る伝説の巨獣 上)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad