電子書籍 腐肉漁り 文芸

著: こずかた治 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

腐肉漁り あらすじ・内容

【目次】
まえがき
第一章 獲物
第二章 罠は巧妙に
第三章 アンジェス印の財布
第四章 驕り
第五章 終演
エピローグ
あとがき

■まえがき
 人間は生まれながらにして悪ではない。人間の本質は善良にできているものだ。ただ大人になる途中で悪いことを覚えるだけなのだと、言う。

 しかし、いや人間も元々はただの動物だ。だから、どうやればうまく生きてゆけるか、無事に過ごせるか、永遠に種を継続できるか。それを本能的に考え、うまく生き延びなければ人類はとうに滅びている。そのためには敵を先に倒さなければならない。
 倒すためには何でもする。もちろん殺しもする。それが出来なければ自分がやられるからだ。そうも言っている。

 私には、どちらが正しいか悪いか、そんなことは関係ない。判ることは、自分以外のものを競争相手と見なすかどうか。生きるってことは生存競争だ。それなら相手を倒さないとこちらが殺される、死ななければならん。だったら、相手をやっつけるしかない。

── 一部抜粋

この作品を共有

「腐肉漁り」最新巻

【目次】
まえがき
第一章 獲物
第二章 罠は巧妙に
第三章 アンジェス印の財布
第四章 驕り
第五章 終演
エピローグ
あとがき

■まえがき
 人間は生まれながらにして悪ではない。人間の本質は善良にできているものだ。ただ大人になる途中で悪いことを覚えるだけなのだと、言う。

 しかし、いや人間も元々はただの動物だ。だから、どうやればうまく生きてゆけるか、無事に過ごせるか、永遠に種を継続できるか。それを本能的に考え、うまく生き延びなければ人類はとうに滅びている。そのためには敵を先に倒さなければならない。
 倒すためには何でもする。もちろん殺しもする。それが出来なければ自分がやられるからだ。そうも言っている。

 私には、どちらが正しいか悪いか、そんなことは関係ない。判ることは、自分以外のものを競争相手と見なすかどうか。生きるってことは生存競争だ。それなら相手を倒さないとこちらが殺される、死ななければならん。だったら、相手をやっつけるしかない。

── 一部抜粋

「腐肉漁り」の作品情報

レーベル
――
出版社
パンローリング
ジャンル
文芸 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
292ページ (腐肉漁り)
配信開始日
2016年8月5日 (腐肉漁り)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad