電子書籍 はじめての政治哲学 「正しさ」をめぐる23の問い 新書

著: 小川仁志 

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

はじめての政治哲学 「正しさ」をめぐる23の問い あらすじ・内容

人命救助は私たちの義務なのか? 政治家は市民より正しいのか? なぜ定住外国人に参政権が与えられないのか? もし日本人がマイノリティになったらどうする? 貧しい家庭の子のほうが大学入学に有利になるとしたら? なぜ話し合いが必要なのか? 孤独死と幼児虐待の問題の解決策とは? さまざまな問いから私たちの社会を考えるヒントがいっぱいの入門書。(講談社現代新書)

この作品を共有

「はじめての政治哲学 「正しさ」をめぐる23の問い」最新巻

人命救助は私たちの義務なのか? 政治家は市民より正しいのか? なぜ定住外国人に参政権が与えられないのか? もし日本人がマイノリティになったらどうする? 貧しい家庭の子のほうが大学入学に有利になるとしたら? なぜ話し合いが必要なのか? 孤独死と幼児虐待の問題の解決策とは? さまざまな問いから私たちの社会を考えるヒントがいっぱいの入門書。(講談社現代新書)

「はじめての政治哲学 「正しさ」をめぐる23の問い」の作品情報

レーベル
講談社現代新書
出版社
講談社
ジャンル
新書 政治 社会
ページ数
198ページ (はじめての政治哲学 「正しさ」をめぐる23の問い)
配信開始日
2013年6月28日 (はじめての政治哲学 「正しさ」をめぐる23の問い)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad