電子書籍 分類思考の世界 なぜヒトは万物を「種」に分けるのか 新書

著: 三中信宏 

まずは、無料で試し読み

試し読み

38ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

分類思考の世界 なぜヒトは万物を「種」に分けるのか あらすじ・内容

生物の「種」って何? それは実在するか? 生物分類学の歴史は2000年に及ぶ。その知的格闘を平易に跡づけ、「種」をめぐる最も素朴で根本的な疑問を考える。前作『系統樹思考の世界』と対をなす怪著! (講談社現代新書)

この作品を共有

「分類思考の世界 なぜヒトは万物を「種」に分けるのか」最新巻

生物の「種」って何? それは実在するか? 生物分類学の歴史は2000年に及ぶ。その知的格闘を平易に跡づけ、「種」をめぐる最も素朴で根本的な疑問を考える。前作『系統樹思考の世界』と対をなす怪著! (講談社現代新書)

「分類思考の世界 なぜヒトは万物を「種」に分けるのか」の作品情報

レーベル
講談社現代新書
出版社
講談社
ジャンル
新書 学問
ページ数
318ページ (分類思考の世界 なぜヒトは万物を「種」に分けるのか)
配信開始日
2013年12月17日 (分類思考の世界 なぜヒトは万物を「種」に分けるのか)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad