電子書籍 甲子園へ行こう! マンガ

完結
著: 三田紀房 
みんなの★
★ ★ ★ ☆ ☆

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

甲子園へ行こう!(1) あらすじ・内容

それは僅か1/207――県大会参加校207校(平成12年)、強豪居並ぶ全国一の激戦区・神奈川。甲子園の土を踏めるのは僅かに1校……。余りに報われぬこの難関に球児たちはなぜ挑むのか? その答えがここにある!!!! スポーツ名門校ではなく、有名進学校でもない、ごく普通の公立高校・県立鎌倉西(かまくらにし)高校。なんてことない野球部のなんてことない選手たちが、いま甲子園を目指し、動き出した……!

この作品を共有

「甲子園へ行こう!」作品一覧

(18冊)

各500円 (+税)

まとめてカート

県立鎌倉西(かまくらにし)高校野球部の1年生・四ノ宮純(しのみや・じゅん)は投げれば打たれるダメ投手。それでもどうしても甲子園へ行きたくて、勝てるピッチャーになることを固く誓ったのはいいが、野球部にはピッチングを教えられる指導者なんていない。そこで野球部部長・貞兼(さだかね)が選んだ手段はプロに接触することだった……! プロが高校生に教えちゃなぜいけない? ピッチングってなんだ? 高校野球の疑問に迫る!

県立鎌倉西(かまくらにし)高校野球部の1年生・四ノ宮純(しのみや・じゅん)は投げれば打たれるダメ投手。四ノ宮はどうしても勝てる投手になりたくて、違反を承知でプロのスカウトの指導を受け、フォーム改造に取り組んだ。そして今、完成させた新フォームを引っさげ、県内屈指の強豪・杏蔭(きょういん)学園との練習試合に挑む――!!

2年生になった四ノ宮(しのみや)に与えられた背番号は「1」!! 名実共に鎌西(かまにし)のエースになった四ノ宮は、生まれ変わろうとするチームと共に、新たな挑戦を始める!