電子書籍 長勝院の萩 文芸

完結
著: 杉本苑子 

まずは、無料で試し読み

無料サンプルを見る

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

長勝院の萩(上) あらすじ・内容

今川氏の質子として忍苦の青春を送る松平元信(家康)は、流芸人おちいの翳りある美貌に魅せられる。桶狭間の戦を機に家康は独立を果し、おちいはお万の方とよばれる側室に。だが、そこには正室築山殿との凄絶な女の戦が待っていた……。家康の愛妾お万の愛と性の修羅を濃密艶冶に描く長編力作。

この作品を共有

「長勝院の萩」最新巻

信康の死で世継ぎとなるべきお万の子於義丸に、家康はなぜか父の情すら示そうとはしない。父と息子二人ながらに愛されその子を生んだ女の業、苛み憎みながらも断ち切れぬ執着に悩む男。絡みあった糸のごとき愛憎を呑み込んで時代は豊臣の天下となり、お万の運命はさらに過酷な転変をとげる。

「長勝院の萩」作品一覧

(3冊)

各600円 (+税)

まとめてカート

今川氏の質子として忍苦の青春を送る松平元信(家康)は、流芸人おちいの翳りある美貌に魅せられる。桶狭間の戦を機に家康は独立を果し、おちいはお万の方とよばれる側室に。だが、そこには正室築山殿との凄絶な女の戦が待っていた……。家康の愛妾お万の愛と性の修羅を濃密艶冶に描く長編力作。

築山殿の奸計により家康の寵を失ったお万に家康の嫡男信康が想いを寄せる。将たる稟質に恵まれながら信康は、己が体内の今川の血に滅びの予兆を感じていた。道ならぬ恋はやがて、舅織田信長の勘気にふれ、信康は自裁、お万は絶望のうちに信康の子を生む。戦国の掟に滅びゆく者の運命を哀切に描く中巻。

信康の死で世継ぎとなるべきお万の子於義丸に、家康はなぜか父の情すら示そうとはしない。父と息子二人ながらに愛されその子を生んだ女の業、苛み憎みながらも断ち切れぬ執着に悩む男。絡みあった糸のごとき愛憎を呑み込んで時代は豊臣の天下となり、お万の運命はさらに過酷な転変をとげる。

「長勝院の萩」の作品情報

レーベル
講談社文庫
出版社
講談社
ジャンル
文芸 日本文学 歴史 完結 時代小説
ページ数
558ページ (長勝院の萩(上))
配信開始日
2013年9月6日 (長勝院の萩(上))
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad