電子書籍 中條流不動剣(徳間文庫) 文芸

著者: 牧秀彦 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

中條流不動剣 一 紅い剣鬼 あらすじ・内容

満ち足りた日々をおくる日比野左内(さない)と茜(あかね)の夫婦。無双の女剣客であった茜だが、刀を帯びることも絶えて久しい。そんなある日、愛息の新太郎が何者かに拐(かどわ)かされた。背後には、茜の幼き頃の因縁と、将軍家剣術指南役柳生家の影が見え隠れする。左内はもちろん、茜をかつての主君の娘として大事に思う塩谷隼人が、母子のために立ちあがる。中條流の剣が冴える! 好評シリーズ、新章開始!

この作品を共有

「中條流不動剣(徳間文庫)」最新巻

2017/11/24 (金) 00:00 配信予定

隠居の身から江戸家老に再任された塩谷隼人は、尼崎藩邸の敷地内に在る役宅で暮らす。大家を務めた八丁堀の長屋の店子たちはつつがなく暮らしているようだが、一方、藩政には不穏な影が。尼崎藩藩主松平忠宝は、江戸城で老中の土井大炊頭利厚と出会う。二人は、実の叔父と甥の関係。松平家で冷遇され、土井家に養子入り後に出世を遂げた利厚は、尼崎藩に大きな恨みを抱いていたのだった。

「中條流不動剣(徳間文庫)」作品一覧

(6冊)

630円〜650円(+税)

まとめてカート

満ち足りた日々をおくる日比野左内(さない)と茜(あかね)の夫婦。無双の女剣客であった茜だが、刀を帯びることも絶えて久しい。そんなある日、愛息の新太郎が何者かに拐(かどわ)かされた。背後には、茜の幼き頃の因縁と、将軍家剣術指南役柳生家の影が見え隠れする。左内はもちろん、茜をかつての主君の娘として大事に思う塩谷隼人が、母子のために立ちあがる。中條流の剣が冴える! 好評シリーズ、新章開始!

抑え切れぬ悩みを抱いたとき、謎多き剣豪、松平蒼二郎の瞳は、翳(かげ)りを帯びる。闇仕置と称する仕事を強いられ修羅の日々を生きてきた身にして、この癖だけは治らない。塩谷隼人を斬らなければ、裏稼業の仲間たちがお縄になる。暗殺は決して己自身のためではない。隼人に忍び寄る恐るべき刺客、蒼二郎。日比野左内は、もともと蒼二郎の仮の姿と知り合いであったが……。剣戟小説、最高潮!

ほろ酔いの塩谷隼人主従は、新大橋下の川面を漂う一人の若い娘を見かけた。身投げかと思いきやおもむろに泳ぎ出すその姿は常人離れしている。噂に聞く人魚? 後日、同じ娘が、船遊び中の旗本の倅(せがれ)どもに目をつけられ追われているのを目撃し、隼人は彼らを追い払う。難を逃れた娘は和代と名乗り、身の上を語り始めた……。隼人・左内・蒼二郎そろい踏み、好評書下し時代剣戟、第三弾!

「中條流不動剣(徳間文庫)」の作品情報

レーベル
徳間文庫
出版社
徳間書店
ジャンル
文芸 時代小説 歴史
ページ数
238ページ (中條流不動剣 一 紅い剣鬼)
配信開始日
2016年8月19日 (中條流不動剣 一 紅い剣鬼)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad