電子書籍 安吾のいる風景 敗荷落日 現代日本のエッセイ 文芸

著: 石川淳 

まずは、無料で試し読み

試し読み

28ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

安吾のいる風景 敗荷落日 現代日本のエッセイ あらすじ・内容

昭和34年、荷風散人逝く。享年79歳。時に夷斎石川淳、60歳、「一箇の老人が死んだ」に始まる苛烈極まる追悼文「敗荷落日」を記す。融通無碍の精神と和漢洋に亘る該博な知識とに裏打ちされた奔放自在な想像力、一貫する鋭い反逆精神。「安吾のいる風景」「三好達治」「京伝頓死」「秋成私論」「本居宣長」ほか中期評論エッセイ24篇。

この作品を共有

「安吾のいる風景 敗荷落日 現代日本のエッセイ」最新巻

昭和34年、荷風散人逝く。享年79歳。時に夷斎石川淳、60歳、「一箇の老人が死んだ」に始まる苛烈極まる追悼文「敗荷落日」を記す。融通無碍の精神と和漢洋に亘る該博な知識とに裏打ちされた奔放自在な想像力、一貫する鋭い反逆精神。「安吾のいる風景」「三好達治」「京伝頓死」「秋成私論」「本居宣長」ほか中期評論エッセイ24篇。

「安吾のいる風景 敗荷落日 現代日本のエッセイ」の作品情報

レーベル
講談社文芸文庫
出版社
講談社
ジャンル
文芸 エッセイ
ページ数
234ページ (安吾のいる風景 敗荷落日 現代日本のエッセイ)
配信開始日
2013年12月17日 (安吾のいる風景 敗荷落日 現代日本のエッセイ)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad