電子書籍 分子レベルで見た触媒の働き 反応はなぜ速く進むのか 実用

著: 松本吉泰 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

分子レベルで見た触媒の働き 反応はなぜ速く進むのか あらすじ・内容

化学反応には触媒が必要であるということは、化学を学んだ人なら誰でも知っていることです。では、なぜ触媒は、触媒としての働きをするのでしょうか? それを解き明かすには、触媒の表面で起こっていることを、分子レベルで調べる必要があります。本書は最新の表面科学の研究で明らかになったミクロでダイナミックな触媒の働きを、高校レベルの化学の知識で、興味深くかつ分かり易く解説します。(ブルーバックス・2015年6月刊)

この作品を共有

「分子レベルで見た触媒の働き 反応はなぜ速く進むのか」最新刊

化学反応には触媒が必要であるということは、化学を学んだ人なら誰でも知っていることです。では、なぜ触媒は、触媒としての働きをするのでしょうか? それを解き明かすには、触媒の表面で起こっていることを、分子レベルで調べる必要があります。本書は最新の表面科学の研究で明らかになったミクロでダイナミックな触媒の働きを、高校レベルの化学の知識で、興味深くかつ分かり易く解説します。(ブルーバックス・2015年6月刊)

「分子レベルで見た触媒の働き 反応はなぜ速く進むのか」の作品情報

レーベル
ブルーバックス
出版社
講談社
ジャンル
実用 科学 学問
ページ数
314ページ (分子レベルで見た触媒の働き 反応はなぜ速く進むのか)
配信開始日
2015年6月26日 (分子レベルで見た触媒の働き 反応はなぜ速く進むのか)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad