電子書籍 再会キャッチボール(小学館文庫) 文芸・小説

著: 山本甲士 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

再会キャッチボール あらすじ・内容

初めて会った実の父との同行取材の結末は?

フリーライターの白銀力也は、幸せだが、子育てのために妻が仕事を辞めたため、貯金を切り崩す生活を送っていた。そんなとき、先方のたっての要望で、力也は実際に会ったことが一度もない実の親、合馬邦人の取材を行った。取材後、合馬は会いたい人物が4人いるので、力也にその同行を依頼してくる。俳優の傍ら居酒屋の経営を手がけた合馬は、力也と違ってアクの強い人物だった。元マネージャーや異母兄弟たちと会って、力也は何を感じたのか。合馬は、なぜ4人を訪ねるのか。憎しみや喜びの感情に流されずに取材旅行を続ける、二人の男の結末は!? 文庫書き下ろし作品を電子化。

この作品を共有

「再会キャッチボール(小学館文庫)」最新刊

初めて会った実の父との同行取材の結末は?

フリーライターの白銀力也は、幸せだが、子育てのために妻が仕事を辞めたため、貯金を切り崩す生活を送っていた。そんなとき、先方のたっての要望で、力也は実際に会ったことが一度もない実の親、合馬邦人の取材を行った。取材後、合馬は会いたい人物が4人いるので、力也にその同行を依頼してくる。俳優の傍ら居酒屋の経営を手がけた合馬は、力也と違ってアクの強い人物だった。元マネージャーや異母兄弟たちと会って、力也は何を感じたのか。合馬は、なぜ4人を訪ねるのか。憎しみや喜びの感情に流されずに取材旅行を続ける、二人の男の結末は!? 文庫書き下ろし作品を電子化。

「再会キャッチボール(小学館文庫)」の作品情報

レーベル
小学館文庫
出版社
小学館
ジャンル
文芸・小説
ページ数
278ページ (再会キャッチボール)
配信開始日
2016年10月8日 (再会キャッチボール)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad