電子書籍 僕の妹は漢字が読める(HJ文庫) ラノベ

著: かじいたかし  イラスト: 皆村春樹 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

僕の妹は漢字が読める あらすじ・内容

『きらりん! おぱんちゅおそらいろ』それは日本文学を代表する作家オオダイラ・ガイの最新作だ。彼の小説に感動した高校生イモセ・ギンは、ツンデレ気味だけど本当は兄思いのクロハ、クールでちょっと毒舌系の幼女ミルというふたりの可愛い妹と連れ立ってオオダイラのもとを訪れる。しかし、そこでギンや妹たちは謎の現象に巻き込まれてしまい――。

この作品を共有

「僕の妹は漢字が読める(HJ文庫)」最新刊

クロハのやきもちがだんだん強くなるのを感じながらも、ギンはユズや妹たちと楽しい日々を送っていた。しかしある日、チョウマバヤシ博士がギンに不吉な話をする。「君がクロハと結ばれないと、彼女は消されてしまうのだ――」歴史を左右する危険因子となったクロハに伸びる魔の手。愛するみんなと萌え文化のため、ギンは本当の未来を切り拓く!

「僕の妹は漢字が読める(HJ文庫)」作品一覧

(5冊)

各495円 (+税)

まとめてカート

『きらりん! おぱんちゅおそらいろ』それは日本文学を代表する作家オオダイラ・ガイの最新作だ。彼の小説に感動した高校生イモセ・ギンは、ツンデレ気味だけど本当は兄思いのクロハ、クールでちょっと毒舌系の幼女ミルというふたりの可愛い妹と連れ立ってオオダイラのもとを訪れる。しかし、そこでギンや妹たちは謎の現象に巻き込まれてしまい――。

歴史の書き換えにより、萌え要素が奪われてしまった23世紀。萌えにあふれた“現代文学”を愛する主人公イモセ・ギンは、歴史を書き換えた犯人を追って21世紀に舞い戻る。犯人の手がかりがなく困るギンたちのもとに、こんどは23世紀の文体で書かれた謎の手紙が届いて……。話題のぶんがく系ラブコメ第2巻、噂のオオダイラ文学も絶好調!!

妹たちとともに、萌えに溢れた23世紀の日本に戻ってきたギン。作家デビューを目指し、今日も超実験的な小説の執筆に励むギンのもとに、今度はギンの「実妹」と名乗る謎の人物からメールが届く。どうやらその「実妹」は、ギンの出生の秘密を知っているらしいのだが……。いま、ギンを巡って義妹クロハと実妹の「真のいもうと対決」の幕が上がる!!

「僕の妹は漢字が読める(HJ文庫)」の作品情報

レーベル
HJ文庫
出版社
ホビージャパン
ジャンル
ライトノベル 男性向け HJ文庫大賞
ページ数
259ページ (僕の妹は漢字が読める)
配信開始日
2013年9月20日 (僕の妹は漢字が読める)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad