電子書籍 「新しい戦争」と日本の貢献(小学館文庫) 実用

著: 舛添要一 

まずは、無料で試し読み

試し読み

24ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「新しい戦争」と日本の貢献(小学館文庫) あらすじ・内容

2001年9月11日のアメリカ同時多発テロを境に、「新しい戦争」が始まり、世界の枠組みが変わった。日本政府はそのことを理解し、変化に対応できるのか。中東情勢に精通する国際政治学者・桝添要一がイスラム原理主義の源泉を遡り、テロリズムとの関係を探求しながらバランス・オブ・パワーを読み解く。

この作品を共有

「「新しい戦争」と日本の貢献(小学館文庫)」最新刊

2001年9月11日のアメリカ同時多発テロを境に、「新しい戦争」が始まり、世界の枠組みが変わった。日本政府はそのことを理解し、変化に対応できるのか。中東情勢に精通する国際政治学者・桝添要一がイスラム原理主義の源泉を遡り、テロリズムとの関係を探求しながらバランス・オブ・パワーを読み解く。

「「新しい戦争」と日本の貢献(小学館文庫)」の作品情報

レーベル
小学館文庫
出版社
小学館
ジャンル
実用 哲学 思想
ページ数
180ページ (「新しい戦争」と日本の貢献(小学館文庫))
配信開始日
2016年10月8日 (「新しい戦争」と日本の貢献(小学館文庫))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad