電子書籍 新訳源氏物語(小学館) 文芸

訳者: 尾崎左永子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

28ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

新訳源氏物語 1 あらすじ・内容

難解で膨大な源氏物語を歌人・尾崎左永子が、原文に即しながら文脈を解きほぐし、分かりやすい現代文に置き換えました。物語を支える「雅び」の味を損うことなく、源氏物語をらくに読みこなすことを主眼にしています。

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

この作品を共有

「新訳源氏物語(小学館)」最新刊

歌人であり、古典に関するエッセイや評論に多くの著作のある尾崎左永子氏が、8年かけて訳してきた源氏物語全54帖の現代語訳。膨大な長さのこの作品を、できるだけ内容に忠実に、言葉の光沢や調べを殺さずに訳してあるが、冗長なところは多少省略してある。しかし抄訳ではなく、書き込んだ部分と軽く通過した部分との波を作っている。源氏物語全体の約半分の分量で訳しているので、長編小説を読む負担もなく短期間で楽に完読できる。全4冊だから、1冊を2日で読むと、8日間で読了。与謝野源氏、谷崎源氏や現在刊行中の瀬戸内寂聴氏の現代語訳では、こうはいかない。はじめて源氏を読む人や忙しくて長期にわたって読む時間のとれないOLやビジネスマンには格好の書と言えよう。平易で格調ある文体で、単に男女の恋愛ストーリーだけでなく、源氏物語を支える背景や王朝文化の質と厚みを表現する工夫もされている。すらっと読めてしかも本質を失わない「読みやすい源氏物語」をめざしている。

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

「新訳源氏物語(小学館)」作品一覧

(4冊)

各800円 (+税)

まとめてカート

難解で膨大な源氏物語を歌人・尾崎左永子が、原文に即しながら文脈を解きほぐし、分かりやすい現代文に置き換えました。物語を支える「雅び」の味を損うことなく、源氏物語をらくに読みこなすことを主眼にしています。

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

簡潔で分かり易い現代語訳をめざした尾崎左永子訳『源氏物語』の2冊目。絵合~真木柱の15帖を収める。須磨・明石流離の身から許されて都へ召還された光源氏は、復権し権勢を奮う。30代の栄華の代を描く。

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

全54帖のうち、梅枝~竹河の13帖を収める。准太上天皇となり栄華を極めた光源氏も、降嫁した女三の宮の不祥事や愛妻紫の上の病死とともに衰退。失意のうちに出家を志しつつ死を迎える。物語は、薫の世代に移る。

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

「新訳源氏物語(小学館)」の作品情報

レーベル
――
出版社
小学館
ジャンル
文芸 日本文学
ページ数
260ページ (新訳源氏物語 1)
配信開始日
2016年10月8日 (新訳源氏物語 1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad