電子書籍 P+D BOOKS ヘチマくん 文芸・小説

著: 遠藤周作 

まずは、無料で試し読み

試し読み

43ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

P+D BOOKS ヘチマくん あらすじ・内容

太閤秀吉の末裔が巻き込まれた事件とは?

ヘチマくんとは、太閤の末孫、豊臣鮒吉のアダ名である。容貌風采ヘチマの如くモッサリとして世知に疎く、底抜けに善良で人を疑ぐることを知らない。

その彼がまきこまれた事件とは、海千山千のバー・マダム菊池銀子と、学友・熊坂とが争う鹿児島・桜島の土地買収競争だった。

遠藤周作が、得意の明朗軽快なタッチで、現代における人間回復を訴えた、「おバカさん」に次ぐユーモア長編作。

この作品を共有

「P+D BOOKS ヘチマくん」最新刊

太閤秀吉の末裔が巻き込まれた事件とは?

ヘチマくんとは、太閤の末孫、豊臣鮒吉のアダ名である。容貌風采ヘチマの如くモッサリとして世知に疎く、底抜けに善良で人を疑ぐることを知らない。

その彼がまきこまれた事件とは、海千山千のバー・マダム菊池銀子と、学友・熊坂とが争う鹿児島・桜島の土地買収競争だった。

遠藤周作が、得意の明朗軽快なタッチで、現代における人間回復を訴えた、「おバカさん」に次ぐユーモア長編作。

「P+D BOOKS ヘチマくん」の作品情報

レーベル
P+D BOOKS
出版社
小学館
ジャンル
文芸・小説
ページ数
477ページ (P+D BOOKS ヘチマくん)
配信開始日
2016年10月8日 (P+D BOOKS ヘチマくん)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad