電子書籍 三浦光世 電子選集 綾子へ ~妻・三浦綾子と歩んだ40年~ 文芸

著: 三浦光世 

まずは、無料で試し読み

試し読み

27ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

三浦光世 電子選集 綾子へ ~妻・三浦綾子と歩んだ40年~ あらすじ・内容

作家・三浦綾子の夫が、出会いから結婚に至るまでのときめきや逡巡、あるいは夫婦となった後の奮闘の日々を綴ったエッセイ。

1999年秋に77年間の生涯を終えた作家・三浦綾子。「いい仕事をたくさんしてくれたね」「苦しかっただろう」「よく耐え忍んだねえ」――亡くなった妻の遺体にむかって夫・光世は幾度も声を掛けた。
ふたりの出会い、そして結婚に至るまでのときめきや逡巡、あるいは夫婦となった後の取材旅行、創作秘話、たがいの性格や趣味のこと、信仰への思い、忘れられない言葉などが飾らない言葉で綴られている。綾子の闘病生活を献身的に支え続け、ついに最期を看取ることになった著者だからこそ書くことがかなった心あたたまるエッセイ集。

この作品を共有

「三浦光世 電子選集 綾子へ ~妻・三浦綾子と歩んだ40年~」最新刊

作家・三浦綾子の夫が、出会いから結婚に至るまでのときめきや逡巡、あるいは夫婦となった後の奮闘の日々を綴ったエッセイ。

1999年秋に77年間の生涯を終えた作家・三浦綾子。「いい仕事をたくさんしてくれたね」「苦しかっただろう」「よく耐え忍んだねえ」――亡くなった妻の遺体にむかって夫・光世は幾度も声を掛けた。
ふたりの出会い、そして結婚に至るまでのときめきや逡巡、あるいは夫婦となった後の取材旅行、創作秘話、たがいの性格や趣味のこと、信仰への思い、忘れられない言葉などが飾らない言葉で綴られている。綾子の闘病生活を献身的に支え続け、ついに最期を看取ることになった著者だからこそ書くことがかなった心あたたまるエッセイ集。

「三浦光世 電子選集 綾子へ ~妻・三浦綾子と歩んだ40年~」の作品情報

レーベル
三浦綾子 電子全集
出版社
小学館
ジャンル
文芸 エッセイ ノンフィクション
ページ数
223ページ (三浦光世 電子選集 綾子へ ~妻・三浦綾子と歩んだ40年~)
配信開始日
2016年10月8日 (三浦光世 電子選集 綾子へ ~妻・三浦綾子と歩んだ40年~)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad