電子書籍 生と死にまつわるいくつかの現実 文芸・小説

著: ベリンダ・バウアー  訳者: 吉井智津 

まずは、無料で試し読み

試し読み

41ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

生と死にまつわるいくつかの現実 あらすじ・内容

少女が見た真実とは?衝撃のサイコスリラー。

 イングランド南西部の海岸沿いで、一人歩きの女性を狙った連続暴行殺人事件が起きた。被害者はいずれも目出し帽の男に服を脱がされ、犯行現場から母親に電話するよう強要されていた。現場近くの小さな町に住む10歳の少女ルビーは、民警団を立ち上げて犯人を追跡する父親を助けようとするが……。
 ゴールド・ダガー賞受賞作家ベリンダ・バウアーが、西部劇『勇気ある追跡』をモチーフに、崩壊寸前の家族や学校でのいじめに心を痛める少女と、彼女を取り巻く人々の心模様を描く衝撃のサイコ・スリラー!

この作品を共有

「生と死にまつわるいくつかの現実」最新刊

少女が見た真実とは?衝撃のサイコスリラー。

 イングランド南西部の海岸沿いで、一人歩きの女性を狙った連続暴行殺人事件が起きた。被害者はいずれも目出し帽の男に服を脱がされ、犯行現場から母親に電話するよう強要されていた。現場近くの小さな町に住む10歳の少女ルビーは、民警団を立ち上げて犯人を追跡する父親を助けようとするが……。
 ゴールド・ダガー賞受賞作家ベリンダ・バウアーが、西部劇『勇気ある追跡』をモチーフに、崩壊寸前の家族や学校でのいじめに心を痛める少女と、彼女を取り巻く人々の心模様を描く衝撃のサイコ・スリラー!

「生と死にまつわるいくつかの現実」の作品情報

レーベル
――
出版社
小学館
ジャンル
文芸・小説 海外文学 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
492ページ (生と死にまつわるいくつかの現実)
配信開始日
2016年10月8日 (生と死にまつわるいくつかの現実)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad