電子書籍 金子光晴 金花黒薔薇艸紙 文芸

著: 金子光晴  著: 桜井滋人 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

金子光晴 金花黒薔薇艸紙 あらすじ・内容

詩人・金子光晴が最晩年に語った極彩色のザンゲ

詩人金子光晴最晩年の性の実相を表現した、桜井滋人の聞き書きによる物語。エロチックな夢と現実のはざまを行き来する妄想を忠実に文章化、何度も結婚と離婚をくりかえした森三千代の目からかくれ、多くの女と逢瀬を楽しんでいる。虚と実の境目が融け、夢物語のように見えるが、社会に対する詩人の視線は衰えず、鋭い。

この作品を共有

「金子光晴 金花黒薔薇艸紙」最新刊

詩人・金子光晴が最晩年に語った極彩色のザンゲ

詩人金子光晴最晩年の性の実相を表現した、桜井滋人の聞き書きによる物語。エロチックな夢と現実のはざまを行き来する妄想を忠実に文章化、何度も結婚と離婚をくりかえした森三千代の目からかくれ、多くの女と逢瀬を楽しんでいる。虚と実の境目が融け、夢物語のように見えるが、社会に対する詩人の視線は衰えず、鋭い。

「金子光晴 金花黒薔薇艸紙」の作品情報

レーベル
――
出版社
小学館
ジャンル
文芸 エッセイ
ページ数
329ページ (金子光晴 金花黒薔薇艸紙)
配信開始日
2016年10月8日 (金子光晴 金花黒薔薇艸紙)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad