電子書籍 氷の轍 文芸

まずは、無料で試し読み

試し読み

45ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

氷の轍 あらすじ・内容

シンジツ一人ハ堪ヘガタシ。

二人デ居タレドマダ淋シ、
一人ニナツタラナホ淋シ、
シンジツ二人ハ遣瀬ナシ、
シンジツ一人ハ堪ヘガタシ。
(北原白秋「他ト我」より)

 北海道釧路市の千代ノ浦海岸で男性の他殺死体が発見された。被害者は札幌市の元タクシー乗務員滝川信夫、八十歳。北海道警釧路方面本部刑事第一課の大門真由は、滝川の自宅で北原白秋の詩集『白金之独楽』を発見する。滝川は青森市出身。八戸市の歓楽街で働いた後、札幌に移住した。生涯独身で、身寄りもなかったという。真由は、最後の最後に「ひとり」が苦しく心細くなった滝川の縋ろうとした縁を、わずかな糸から紐解いてゆく。

北海道警釧路方面本部。新たな刑事の名は、大門真由。

この作品を共有

「氷の轍」最新刊

シンジツ一人ハ堪ヘガタシ。

二人デ居タレドマダ淋シ、
一人ニナツタラナホ淋シ、
シンジツ二人ハ遣瀬ナシ、
シンジツ一人ハ堪ヘガタシ。
(北原白秋「他ト我」より)

 北海道釧路市の千代ノ浦海岸で男性の他殺死体が発見された。被害者は札幌市の元タクシー乗務員滝川信夫、八十歳。北海道警釧路方面本部刑事第一課の大門真由は、滝川の自宅で北原白秋の詩集『白金之独楽』を発見する。滝川は青森市出身。八戸市の歓楽街で働いた後、札幌に移住した。生涯独身で、身寄りもなかったという。真由は、最後の最後に「ひとり」が苦しく心細くなった滝川の縋ろうとした縁を、わずかな糸から紐解いてゆく。

北海道警釧路方面本部。新たな刑事の名は、大門真由。

「氷の轍」のおすすめコメント

氷の轍 SS典子(BOOK☆WALKER スタッフ)

登録日:2016/11/09

孤独と善意、血のつながりが切なく絡み合う人間ドラマ

生真面目で誰にも心を開かない、新人刑事、真由。 そんな彼女の元に海に浮かんだ他殺体の事件が舞い込む。 身元も判明し、すぐに解決するかに思われたこの事件。 事件当日の不可解な行動を追い被害者の過去をさかのぼるうちに、 この事件のカギは30年前の人買いにあることが判明する…。 孤独な老人の独りよがりの善意が引き起こした悲しい事件は、 抗えない血のつながりと運命の再会を実現させ読む者の涙を誘います。 感動!号泣!と絶賛だったスペシャルドラマ「氷の轍」。 ドラマを観た方も見逃した方もぜひ読んでもらいたい泣けるサスペンスです。

「氷の轍」のおすすめ情報

「氷の轍」の作品情報

レーベル
――
出版社
小学館
ジャンル
文芸 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
386ページ (氷の轍)
配信開始日
2016年9月27日 (氷の轍)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad