電子書籍 同棲時代(eBookJapan Plus) マンガ

完結
著: 上村一夫 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

同棲時代 (1) あらすじ・内容

売れないイラストレーターの次郎と、小さな広告会社に勤める今日子は、デザイン学校の同級生。初めてデートをした夜から3日後、同じ屋根の下で暮らし始めた。毎日をのほほんと暮らす二人は、仕事も家庭も性も曖昧にしていられるのは同棲しかないと思っている。次郎23歳、今日子21歳――。このままでいいのだろうか…。

この作品を共有
  

「同棲時代(eBookJapan Plus)」最新刊

鳥取の実家に帰省した今日子にもはや東京へ戻る気はなく、ある日、次郎の下へ別離を告げる電話をかける。いてもたってもいられなくなった次郎は、仕事を投げ出して鳥取に向かう。寒空の下、公園で話し合う二人だが、今日子の決意は固く…。二人の同棲生活はこのまま破局を迎えてしまうのか?その後の二人を追った番外編まで完全収録した、感動の完結篇!

「同棲時代(eBookJapan Plus)」作品一覧

(10冊)

各300円 (+税)

まとめてカート

売れないイラストレーターの次郎と、小さな広告会社に勤める今日子は、デザイン学校の同級生。初めてデートをした夜から3日後、同じ屋根の下で暮らし始めた。毎日をのほほんと暮らす二人は、仕事も家庭も性も曖昧にしていられるのは同棲しかないと思っている。次郎23歳、今日子21歳――。このままでいいのだろうか…。

今日は一緒に暮らし始めてから一年目、いわば同棲記念日。しかし次郎は雑誌の編集長に誘われて、夜の銀座にいた。初めての銀座になじめず、悪酔いしてしまう次郎。そして部屋で一人、帰らぬ次郎を待つ今日子。もう、気がつけば二人の春はおわっていたのだろうか。

憧れの出版社に転職した今日子。次郎も大物作家のエッセイの挿絵を任されることになった。二人はフランス料理のレストランで祝杯を挙げる。もっとよく知りたいと思って暮らし始めたのに、気がつけばだんだんわからないことのほうが多くなっていった二人。「愛している」「愛されている」の実感が二人を静かに包み込む…。

「同棲時代(eBookJapan Plus)」の作品情報

レーベル
漫画アクション
出版社
eBookJapan Plus
ジャンル
マンガ 男性向け 完結 青年マンガ 恋愛 漫画アクション
ページ数
208ページ (同棲時代 (1))
配信開始日
2016年10月1日 (同棲時代 (1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad