電子書籍 あしあと(文春文庫) 文芸

著: 勝目梓 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

あしあと あらすじ・内容

彼方に封じ込めていた記憶の封印が解かれるとき、妖しく危うい官能の扉が開く。
夢とも現実ともつかぬ時空を往来しながら「生」と「性」を描く、円熟の傑作十篇。

風来坊だった父の死後、家族に届いた一通の手紙。
ともに暮らした女たちが愛した二体の人形。
九十二歳、養護施設で暮らす老女にたったひとつ残された鮮やかな記憶――。
「青春」と「老い」が渾然一体となったとき、妖しく危うい官能の物語の幕が開く。
最後の文士・勝目梓が描く生と性。熟達の傑作短篇十篇。
解説・逢坂剛

【目次】
「万年筆」
「記憶」
「ひとつだけ」
「人形の恋」
「秘儀」
「橋」
「一夜」
「影」
「封印」
「あしあと」

この作品を共有

「あしあと(文春文庫)」最新刊

彼方に封じ込めていた記憶の封印が解かれるとき、妖しく危うい官能の扉が開く。
夢とも現実ともつかぬ時空を往来しながら「生」と「性」を描く、円熟の傑作十篇。

風来坊だった父の死後、家族に届いた一通の手紙。
ともに暮らした女たちが愛した二体の人形。
九十二歳、養護施設で暮らす老女にたったひとつ残された鮮やかな記憶――。
「青春」と「老い」が渾然一体となったとき、妖しく危うい官能の物語の幕が開く。
最後の文士・勝目梓が描く生と性。熟達の傑作短篇十篇。
解説・逢坂剛

【目次】
「万年筆」
「記憶」
「ひとつだけ」
「人形の恋」
「秘儀」
「橋」
「一夜」
「影」
「封印」
「あしあと」

「あしあと(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸
ページ数
251ページ (あしあと)
配信開始日
2016年10月7日 (あしあと)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad