電子書籍 ソクラテス・クラブへようこそ 子どもに学ぶ大人のための哲学教室 実用

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ソクラテス・クラブへようこそ 子どもに学ぶ大人のための哲学教室 あらすじ・内容

“猫を殺したらダメなのに、蚊は殺してもいいの?”
“どうしてピンポンダッシュをやっちゃいけないの?”

子どもはみんな哲学者。彼らの問いには、哲学的な思考がつまっています。
自由と責任、動物と倫理、正義と公正、幸福、人間性……など、
ドイツ人哲学者と子どもたちとの哲学対話を通した哲学入門書。
ドイツ発白熱哲学教室、日本上陸!

哲学とは、学びの場です。

<自由と責任> “どうしてピンポンダッシュをやっちゃいけないの?”
<動物と倫理> “動物を殺してはいけないのに、お肉は食べてもいいの?”
<正義と公正> “お誕生会に好きな友達だけを呼ぶのは不公平なの?”
<幸福> “人は有名になっても幸せにならないの?”
<人間性> “オウムは言葉が話せるから人間性があるんじゃない?”

この作品を共有

「ソクラテス・クラブへようこそ 子どもに学ぶ大人のための哲学教室」最新巻

“猫を殺したらダメなのに、蚊は殺してもいいの?”
“どうしてピンポンダッシュをやっちゃいけないの?”

子どもはみんな哲学者。彼らの問いには、哲学的な思考がつまっています。
自由と責任、動物と倫理、正義と公正、幸福、人間性……など、
ドイツ人哲学者と子どもたちとの哲学対話を通した哲学入門書。
ドイツ発白熱哲学教室、日本上陸!

哲学とは、学びの場です。

<自由と責任> “どうしてピンポンダッシュをやっちゃいけないの?”
<動物と倫理> “動物を殺してはいけないのに、お肉は食べてもいいの?”
<正義と公正> “お誕生会に好きな友達だけを呼ぶのは不公平なの?”
<幸福> “人は有名になっても幸せにならないの?”
<人間性> “オウムは言葉が話せるから人間性があるんじゃない?”

「ソクラテス・クラブへようこそ 子どもに学ぶ大人のための哲学教室」の作品情報

レーベル
――
出版社
CCCメディアハウス
ジャンル
実用 哲学 思想
ページ数
282ページ (ソクラテス・クラブへようこそ 子どもに学ぶ大人のための哲学教室)
配信開始日
2013年12月27日 (ソクラテス・クラブへようこそ 子どもに学ぶ大人のための哲学教室)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad