電子書籍 くくるくる(ガガガ文庫) ラノベ

著: 一肇  イラスト: 大朋めがね 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

くくるくる あらすじ・内容

ここには海より深い愛がある。高校入学式の翌日、語木璃一は登校途中、八重桜の木の下で、一人の少女に出会った。璃一と同じ高校の制服を着た女子生徒。長くふわりとした髪を持つ小柄なその少女は、危なっかしく青い自転車の荷台の上に立ち、頭上へと手を伸ばし、桜の太い枝に荒縄をくくりつけている。それを見て璃一は思った。「ひょっとしてこれは。首吊りってやつですか」しかしそのあまりの容姿の美しさに、璃一は彼女が荒縄を首に装着するのをただ静かに見守っていた。やがて桜の花びらが降り、少女が宙に浮かんだ、と、同時にぶちんとものすごい音がしてそのまま落下した。彼女は「げうー」と言いながら、こんな悪態をついた。「もう百二十二回め! また首吊りに失敗! これはもう呪われてるといってもいいんじゃないかな!」自殺を試みようとするとなぜか天変地異が巻き起こり、どうしても死ねない少女・なゆた。そんな少女に一目惚れして延々とストーキングする少年・璃一。なゆたは天に誓う。「いつか必ず死んでみせるの!」そんななゆたに璃一は叫ぶ。「ぼくと結婚してください!」桜の下で巡りあい「括る繰る」でクルクル回る少年少女の不思議な恋物語!※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

この作品を共有

「くくるくる(ガガガ文庫)」最新刊

ここには海より深い愛がある。高校入学式の翌日、語木璃一は登校途中、八重桜の木の下で、一人の少女に出会った。璃一と同じ高校の制服を着た女子生徒。長くふわりとした髪を持つ小柄なその少女は、危なっかしく青い自転車の荷台の上に立ち、頭上へと手を伸ばし、桜の太い枝に荒縄をくくりつけている。それを見て璃一は思った。「ひょっとしてこれは。首吊りってやつですか」しかしそのあまりの容姿の美しさに、璃一は彼女が荒縄を首に装着するのをただ静かに見守っていた。やがて桜の花びらが降り、少女が宙に浮かんだ、と、同時にぶちんとものすごい音がしてそのまま落下した。彼女は「げうー」と言いながら、こんな悪態をついた。「もう百二十二回め! また首吊りに失敗! これはもう呪われてるといってもいいんじゃないかな!」自殺を試みようとするとなぜか天変地異が巻き起こり、どうしても死ねない少女・なゆた。そんな少女に一目惚れして延々とストーキングする少年・璃一。なゆたは天に誓う。「いつか必ず死んでみせるの!」そんななゆたに璃一は叫ぶ。「ぼくと結婚してください!」桜の下で巡りあい「括る繰る」でクルクル回る少年少女の不思議な恋物語!※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

「くくるくる(ガガガ文庫)」の作品情報

レーベル
ガガガ文庫
出版社
小学館
ジャンル
ライトノベル 男性向け
ページ数
301ページ (くくるくる)
配信開始日
2013年10月11日 (くくるくる)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad