電子書籍 ペテン師ルカと黒き魔犬(ウィングス・ノヴェル) ラノベ

著: 縞田理理  イラスト: まち 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ペテン師ルカと黒き魔犬(上) あらすじ・内容

魔術は禁忌、明るみになれば火刑――。遍歴の学生と称し、ペテンで小金を稼ぎながら旅をする青年ルカには、禁術とされる《力》があった。《悪魔の術》とされる己の《力》を隠しつつ、先祖伝来の魔法書と父の仇を探すルカは、その旅の途上で白黒の小犬と出会う。サーロと名付けたその小犬の中には、実はほかにも魔獣の姿と人間の姿が隠れていて……!? 一人と1匹の、中世ルネサンス風ファンタジー開幕!

この作品を共有

「ペテン師ルカと黒き魔犬(ウィングス・ノヴェル)」最新刊

皇帝セレスティアノスは、ルカと同じ《力》の持ち主だった。無事ダルジェントに連れ帰ったセレスに力の制御法を教え始めるルカ。だが、サーロが力の増幅剤であることが、本人に知られてしまう。ショックを受けた様子だったサーロが姿を消し……? 中世ルネサンス風ファンタジー、怒濤のフィナーレ!!

「ペテン師ルカと黒き魔犬(ウィングス・ノヴェル)」作品一覧

(2冊)

各600円 (+税)

まとめてカート

魔術は禁忌、明るみになれば火刑――。遍歴の学生と称し、ペテンで小金を稼ぎながら旅をする青年ルカには、禁術とされる《力》があった。《悪魔の術》とされる己の《力》を隠しつつ、先祖伝来の魔法書と父の仇を探すルカは、その旅の途上で白黒の小犬と出会う。サーロと名付けたその小犬の中には、実はほかにも魔獣の姿と人間の姿が隠れていて……!? 一人と1匹の、中世ルネサンス風ファンタジー開幕!

皇帝セレスティアノスは、ルカと同じ《力》の持ち主だった。無事ダルジェントに連れ帰ったセレスに力の制御法を教え始めるルカ。だが、サーロが力の増幅剤であることが、本人に知られてしまう。ショックを受けた様子だったサーロが姿を消し……? 中世ルネサンス風ファンタジー、怒濤のフィナーレ!!

「ペテン師ルカと黒き魔犬(ウィングス・ノヴェル)」の作品情報

レーベル
ウィングス・ノヴェル
出版社
新書館
ジャンル
ライトノベル 女性向け
ページ数
264ページ (ペテン師ルカと黒き魔犬(上))
配信開始日
2016年10月6日 (ペテン師ルカと黒き魔犬(上))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad