電子書籍 しなやかシニアの川柳図鑑―見て聞いてひと言多い猿となる― 文芸・小説

著: 太秦三猿 

まずは、無料で試し読み

試し読み

21ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

しなやかシニアの川柳図鑑―見て聞いてひと言多い猿となる― あらすじ・内容

飄々とした句風で、「面白くて哀しい」人間たちが織り成す社会を映し出す川柳句文集。著者は札幌川柳社編集長として活躍、またエッセイスト、リスクコンサルタント、メンタルケア・スペシャリストとして講演や執筆、コメンテーターの顔も持つ。
《パスワード忘れて僕がいなくなる》
《爺ちゃんも乗せておくれよ縄電車》
《少年じゃないから大志抱かない》
《負けん気になって持病の話する》
《ときめきか不整脈かがわからない》
《トンネルを出ると老人ばかりいた》
《スケジュール何にもないという不安》

この作品を共有

「しなやかシニアの川柳図鑑―見て聞いてひと言多い猿となる―」最新刊

飄々とした句風で、「面白くて哀しい」人間たちが織り成す社会を映し出す川柳句文集。著者は札幌川柳社編集長として活躍、またエッセイスト、リスクコンサルタント、メンタルケア・スペシャリストとして講演や執筆、コメンテーターの顔も持つ。
《パスワード忘れて僕がいなくなる》
《爺ちゃんも乗せておくれよ縄電車》
《少年じゃないから大志抱かない》
《負けん気になって持病の話する》
《ときめきか不整脈かがわからない》
《トンネルを出ると老人ばかりいた》
《スケジュール何にもないという不安》

「しなやかシニアの川柳図鑑―見て聞いてひと言多い猿となる―」の作品情報

レーベル
――
出版社
新葉館出版
ジャンル
文芸・小説 詩集 日本文学 俳句・短歌
ページ数
220ページ (しなやかシニアの川柳図鑑―見て聞いてひと言多い猿となる―)
配信開始日
2016年10月13日 (しなやかシニアの川柳図鑑―見て聞いてひと言多い猿となる―)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad