電子書籍 古川柳の名句を楽しむ―柳多留への遊歩道― 文芸・小説

著: 竹田光柳 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

古川柳の名句を楽しむ―柳多留への遊歩道― あらすじ・内容

川柳のバイブルとされる江戸中期に刊行された「誹風柳多留」。現代にも通じる、江戸っ子たちの生きるための知恵と常識、極上のユーモアが詰まった同書の中でも、とくに名句の宝庫と知られる初代・柄井川柳選の初篇から二十四篇より、どこかで一度は耳にしたことのある、これだけは覚えておきたいベスト五六九句を厳選収録。やさしい解説で読み物としても楽しめる一書。
《是小判たった一晩居てくれろ》
《本降りに成て出て行雨やどり》
《子が出来て川の字形りに寝る夫婦》
《役人の子はにぎにぎを能覚》
《なきなきもよい方をとるかたみわけ》
《孝行のしたい時分に親ハなし》

この作品を共有

「古川柳の名句を楽しむ―柳多留への遊歩道―」最新刊

川柳のバイブルとされる江戸中期に刊行された「誹風柳多留」。現代にも通じる、江戸っ子たちの生きるための知恵と常識、極上のユーモアが詰まった同書の中でも、とくに名句の宝庫と知られる初代・柄井川柳選の初篇から二十四篇より、どこかで一度は耳にしたことのある、これだけは覚えておきたいベスト五六九句を厳選収録。やさしい解説で読み物としても楽しめる一書。
《是小判たった一晩居てくれろ》
《本降りに成て出て行雨やどり》
《子が出来て川の字形りに寝る夫婦》
《役人の子はにぎにぎを能覚》
《なきなきもよい方をとるかたみわけ》
《孝行のしたい時分に親ハなし》

「古川柳の名句を楽しむ―柳多留への遊歩道―」の作品情報

レーベル
――
出版社
新葉館出版
ジャンル
文芸・小説 詩集 日本文学 俳句・短歌
ページ数
209ページ (古川柳の名句を楽しむ―柳多留への遊歩道―)
配信開始日
2016年10月13日 (古川柳の名句を楽しむ―柳多留への遊歩道―)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad