電子書籍 川柳で平成の世をぶった切り 文芸

著: 平松健  著: 平松典子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

川柳で平成の世をぶった切り あらすじ・内容

1989年から2013年までの25年間に詠んだ時事川柳を、年さらに月ごとに分けて収載した平成の25年間をこの1冊で俯瞰することができる、クロニクル的川柳句集。
《名君も一億借りて腹を切り》(1994、細川借入疑惑で辞職)
《アメリカの心を砕くテロリスト》(2001、9月11日)
《ティッシュから自転車になりパンクする》(2007、消費者金融)
《大地震ぼた餅だけは落とさない》(2011、菅内閣延命)
《兵卒は四億円もさっと貸し》(2011、総理は最低資産)
《手拍子で送られて逝く人生も》(2013、人生いろいろ島倉千代子)

この作品を共有

「川柳で平成の世をぶった切り」最新刊

1989年から2013年までの25年間に詠んだ時事川柳を、年さらに月ごとに分けて収載した平成の25年間をこの1冊で俯瞰することができる、クロニクル的川柳句集。
《名君も一億借りて腹を切り》(1994、細川借入疑惑で辞職)
《アメリカの心を砕くテロリスト》(2001、9月11日)
《ティッシュから自転車になりパンクする》(2007、消費者金融)
《大地震ぼた餅だけは落とさない》(2011、菅内閣延命)
《兵卒は四億円もさっと貸し》(2011、総理は最低資産)
《手拍子で送られて逝く人生も》(2013、人生いろいろ島倉千代子)

「川柳で平成の世をぶった切り」の作品情報

レーベル
――
出版社
新葉館出版
ジャンル
文芸 詩集 日本文学 俳句・短歌
ページ数
544ページ (川柳で平成の世をぶった切り)
配信開始日
2016年10月13日 (川柳で平成の世をぶった切り)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad