電子書籍 川柳作家全集 古谷龍太郎 文芸

著: 古谷龍太郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

川柳作家全集 古谷龍太郎 あらすじ・内容

福岡県川柳協会会長、県内屈指の伝統結社・川柳くろがね吟社主幹である九州を代表する著者。
骨太ながらも飄々と人生を詠んだ「起」「承」「転」の3章構成。
《鉄鍛う男我流の花を生け》
《嫌いから好きに変わった一ページ》
《芽が出ないそれで気の合う屋台酒》
《退屈だなあ女房と昼寝する》
《転変の雲と一日なにもせぬ》
《貧しさは言うまい今日の飯を炊く》
《見通しはどうあれ今日の石を積む》
《しょうもない話だけれど茶は旨い》
《よくやった自分を褒める馬の脚》

この作品を共有

「川柳作家全集 古谷龍太郎」最新刊

福岡県川柳協会会長、県内屈指の伝統結社・川柳くろがね吟社主幹である九州を代表する著者。
骨太ながらも飄々と人生を詠んだ「起」「承」「転」の3章構成。
《鉄鍛う男我流の花を生け》
《嫌いから好きに変わった一ページ》
《芽が出ないそれで気の合う屋台酒》
《退屈だなあ女房と昼寝する》
《転変の雲と一日なにもせぬ》
《貧しさは言うまい今日の飯を炊く》
《見通しはどうあれ今日の石を積む》
《しょうもない話だけれど茶は旨い》
《よくやった自分を褒める馬の脚》

「川柳作家全集 古谷龍太郎」の作品情報

レーベル
――
出版社
新葉館出版
ジャンル
文芸 詩集 日本文学 俳句・短歌
ページ数
129ページ (川柳作家全集 古谷龍太郎)
配信開始日
2016年10月13日 (川柳作家全集 古谷龍太郎)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad