電子書籍 川柳作家全集 大野風柳 文芸

著: 大野風柳 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

川柳作家全集 大野風柳 あらすじ・内容

(一社)全日本川柳協会会長、柳都川柳社主幹として20歳から60余年にわたり川柳界をリードしてきた著者の代表句が揃った1冊。「うめぼしの種」「る・る・る」「地蔵菩薩」の3章構成。
《蟹の目に二つの冬の海がある》
《はくちょうのねむりのそこのそこのしろ》
《なんとなくすこし疲れた靴が好き》
《一列のスリッパどこから履いたらいいのかね》
《号泣のあとの自分をどうしよう》
《女房の財布をあけて閉めている》
《花鋏指紋はひとつ妻だった》

この作品を共有

「川柳作家全集 大野風柳」最新巻

(一社)全日本川柳協会会長、柳都川柳社主幹として20歳から60余年にわたり川柳界をリードしてきた著者の代表句が揃った1冊。「うめぼしの種」「る・る・る」「地蔵菩薩」の3章構成。
《蟹の目に二つの冬の海がある》
《はくちょうのねむりのそこのそこのしろ》
《なんとなくすこし疲れた靴が好き》
《一列のスリッパどこから履いたらいいのかね》
《号泣のあとの自分をどうしよう》
《女房の財布をあけて閉めている》
《花鋏指紋はひとつ妻だった》

「川柳作家全集 大野風柳」の作品情報

レーベル
――
出版社
新葉館出版
ジャンル
文芸 詩集 日本文学 俳句・短歌
ページ数
129ページ (川柳作家全集 大野風柳)
配信開始日
2016年10月13日 (川柳作家全集 大野風柳)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad