電子書籍 川柳作家全集 富田房成 文芸

著: 富田房成 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

川柳作家全集 富田房成 あらすじ・内容

山口県を代表する川柳作家の一人である著者の第一句集。「直球」「変化球」「危険球」の3章構成。
《マニュアルに土下座があってたまるかい》
《出来ますか下り坂での回れ右》
《がむしゃらに走りようやく並の並》
《年金で呑む酒旨い筈がない》
《頭ひとつ下げるたんびに腹が減る》
《少しずつ思い通りになる恐怖》
《遺伝子が護ってくれる体脂肪》
《用済みの鍵が束から外れない》
《踏ん切りがついてすらすら丁寧語》
《雨が降る声が聞きたいEメール》
《神様が鬼で隠れる場所がない》

この作品を共有

「川柳作家全集 富田房成」最新刊

山口県を代表する川柳作家の一人である著者の第一句集。「直球」「変化球」「危険球」の3章構成。
《マニュアルに土下座があってたまるかい》
《出来ますか下り坂での回れ右》
《がむしゃらに走りようやく並の並》
《年金で呑む酒旨い筈がない》
《頭ひとつ下げるたんびに腹が減る》
《少しずつ思い通りになる恐怖》
《遺伝子が護ってくれる体脂肪》
《用済みの鍵が束から外れない》
《踏ん切りがついてすらすら丁寧語》
《雨が降る声が聞きたいEメール》
《神様が鬼で隠れる場所がない》

「川柳作家全集 富田房成」の作品情報

レーベル
――
出版社
新葉館出版
ジャンル
文芸 詩集 日本文学 俳句・短歌
ページ数
129ページ (川柳作家全集 富田房成)
配信開始日
2016年10月13日 (川柳作家全集 富田房成)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad