電子書籍 川柳句集 夜明け前 文芸

著: 鈴木順子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

川柳句集 夜明け前 あらすじ・内容

女性して、人間として奥底で燃える情念の世界を余すところなく17音で綴った激動の人生譜。豊橋番傘川柳会会長、番傘川柳本社同人を務める著者が22年間に詠んだ作品を「金粉」「陶酔」「秘密」など全10章に収録。
タイトルは平成9年全日本川柳三重大会入選句《夜明け前確かに聞いた銭の音》より。
《いい女だったと過去になる私》
《土下座した土の匂いを忘れない》
《捨て台詞拾い集めてまだ憎む》
《離婚する勇気ください子がいます》
《惚れてたは再び恋ができぬほど》

この作品を共有

「川柳句集 夜明け前」最新巻

女性して、人間として奥底で燃える情念の世界を余すところなく17音で綴った激動の人生譜。豊橋番傘川柳会会長、番傘川柳本社同人を務める著者が22年間に詠んだ作品を「金粉」「陶酔」「秘密」など全10章に収録。
タイトルは平成9年全日本川柳三重大会入選句《夜明け前確かに聞いた銭の音》より。
《いい女だったと過去になる私》
《土下座した土の匂いを忘れない》
《捨て台詞拾い集めてまだ憎む》
《離婚する勇気ください子がいます》
《惚れてたは再び恋ができぬほど》

「川柳句集 夜明け前」の作品情報

レーベル
――
出版社
新葉館出版
ジャンル
文芸 詩集 日本文学 俳句・短歌
ページ数
258ページ (川柳句集 夜明け前)
配信開始日
2016年10月13日 (川柳句集 夜明け前)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad