電子書籍 川柳句集 平成二十五年 文芸・小説

著: 新家完司 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

川柳句集 平成二十五年 あらすじ・内容

透徹した眼と洗練された言葉、清純簡潔な表現が織りなす待望の第六集。
「川柳の理論と実践」の著者で、「川柳マガジン」に「名句を味わう理論と鑑賞」を好評連載中の著者が平成元年から五年ごとに刊行する川柳句集。
《上品に飲むと悪酔いしてしまう》
《用済みの包丁すぐに仕舞うべし》
《七十歳あたりで分かる砂の味》
《志望した通り無職のおじいさん》
《引きだしの奥も年寄りじみてきた》
《ライバルに拍手するのも修行なり》
《あとはもう酒喰らうだけ午後七時》

この作品を共有

「川柳句集 平成二十五年」最新刊

透徹した眼と洗練された言葉、清純簡潔な表現が織りなす待望の第六集。
「川柳の理論と実践」の著者で、「川柳マガジン」に「名句を味わう理論と鑑賞」を好評連載中の著者が平成元年から五年ごとに刊行する川柳句集。
《上品に飲むと悪酔いしてしまう》
《用済みの包丁すぐに仕舞うべし》
《七十歳あたりで分かる砂の味》
《志望した通り無職のおじいさん》
《引きだしの奥も年寄りじみてきた》
《ライバルに拍手するのも修行なり》
《あとはもう酒喰らうだけ午後七時》

「川柳句集 平成二十五年」の作品情報

レーベル
――
出版社
新葉館出版
ジャンル
文芸・小説 詩集 日本文学 俳句・短歌
ページ数
141ページ (川柳句集 平成二十五年)
配信開始日
2016年10月13日 (川柳句集 平成二十五年)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad