電子書籍 川柳句集 強制しないオムライス 文芸

著: 植竹団扇 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

川柳句集 強制しないオムライス あらすじ・内容

俳人の父を持ち、教師として生徒に川柳を指導、「日本語は噺家さんに教わった」と語る著者のウイットに富んだ第一句集。
東葛川柳会、川柳研究社、川柳展望社、東京番傘川柳社、都々逸しぐれ吟社など多方面で活躍。タイトルは収録句《君が代を強制しないオムライス》より。
《飼ってます散歩いらない熱帯魚》
《イラク叩いた手でスマトラを撫でる》
《十五の春が蕾のままで震えてる》
《濡れ煎餅早く食わぬと乾き出す》
《指貫をことりと仕舞い母が寝る》
《間を空けて叱られに行く歯科の椅子》
など。

この作品を共有

「川柳句集 強制しないオムライス」最新巻

俳人の父を持ち、教師として生徒に川柳を指導、「日本語は噺家さんに教わった」と語る著者のウイットに富んだ第一句集。
東葛川柳会、川柳研究社、川柳展望社、東京番傘川柳社、都々逸しぐれ吟社など多方面で活躍。タイトルは収録句《君が代を強制しないオムライス》より。
《飼ってます散歩いらない熱帯魚》
《イラク叩いた手でスマトラを撫でる》
《十五の春が蕾のままで震えてる》
《濡れ煎餅早く食わぬと乾き出す》
《指貫をことりと仕舞い母が寝る》
《間を空けて叱られに行く歯科の椅子》
など。

「川柳句集 強制しないオムライス」の作品情報

レーベル
――
出版社
新葉館出版
ジャンル
文芸 詩集 日本文学 俳句・短歌
ページ数
237ページ (川柳句集 強制しないオムライス)
配信開始日
2016年10月13日 (川柳句集 強制しないオムライス)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad