電子書籍 川柳句集 猫のうた 文芸

著: 戸辺好郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

川柳句集 猫のうた あらすじ・内容

素晴らしきかな、猫のいる人生―猫好き必読の250句の猫まみれ川柳。
ほか博学多才の著者による連作「チリ鉱山の奇跡」100句、「時事川柳」「春から夏へ」「秋から冬へ」など情趣に富んだ川柳句集。
《泣き笑い我が人生は猫といた》
《自分史の索引に猫の名がずらり》
《茶柱が立ったと猫を抱きしめる》
《皿を割るついでに猫も居なくなる》
《猫の仔の貰い手つかず空が澄み》
《切り札がやっぱり出せず猫を撫で》
《ゆたんぽの湿りに猫のひげも濡れ》
《世は愉しぞっこん愉し猫飼えば》

この作品を共有

「川柳句集 猫のうた」最新刊

素晴らしきかな、猫のいる人生―猫好き必読の250句の猫まみれ川柳。
ほか博学多才の著者による連作「チリ鉱山の奇跡」100句、「時事川柳」「春から夏へ」「秋から冬へ」など情趣に富んだ川柳句集。
《泣き笑い我が人生は猫といた》
《自分史の索引に猫の名がずらり》
《茶柱が立ったと猫を抱きしめる》
《皿を割るついでに猫も居なくなる》
《猫の仔の貰い手つかず空が澄み》
《切り札がやっぱり出せず猫を撫で》
《ゆたんぽの湿りに猫のひげも濡れ》
《世は愉しぞっこん愉し猫飼えば》

「川柳句集 猫のうた」の作品情報

レーベル
――
出版社
新葉館出版
ジャンル
文芸 詩集 日本文学 俳句・短歌
ページ数
179ページ (川柳句集 猫のうた)
配信開始日
2016年10月13日 (川柳句集 猫のうた)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad