電子書籍 川柳句集 肥後椿 文芸

著: 鈴木青古 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

川柳句集 肥後椿 あらすじ・内容

ユーモア川柳作家として高い評価を得ている著者待望の第三句集。自ら「詠んでも」、自分や他人の作品を「読んでも」川柳は楽しいとかたる著者は一日一句を目標に掲げ、十七音を紡ぎつづけている。
著者の手にかかれば、何気ない日常の「あるある」から、他者には真似の出来ないユニークな視点で句材を拾い上げられ、あっという間にスパイスの効いた川柳が出来上がってしまう。「テレパシー」「新書体」「花見酒」の三章。

《歳聞かれ干支で答えてイケズする》
《百点を取ったらパパの子にされる》
《秋だもの髪も紅葉させなくちゃ》
《手始めにあなたの事を忘れたい》
《叱ってもいいかと孫の親に聞く》
《夕べの蚊ここで会ったが百年目》
《もう朝だ地球の裏で眠りたい》
《早寝早起き良い子になった六十路過ぎ》
《美しい指に見とれている手品》
《東京の砂漠で砂になっている》

この作品を共有

「川柳句集 肥後椿」最新刊

ユーモア川柳作家として高い評価を得ている著者待望の第三句集。自ら「詠んでも」、自分や他人の作品を「読んでも」川柳は楽しいとかたる著者は一日一句を目標に掲げ、十七音を紡ぎつづけている。
著者の手にかかれば、何気ない日常の「あるある」から、他者には真似の出来ないユニークな視点で句材を拾い上げられ、あっという間にスパイスの効いた川柳が出来上がってしまう。「テレパシー」「新書体」「花見酒」の三章。

《歳聞かれ干支で答えてイケズする》
《百点を取ったらパパの子にされる》
《秋だもの髪も紅葉させなくちゃ》
《手始めにあなたの事を忘れたい》
《叱ってもいいかと孫の親に聞く》
《夕べの蚊ここで会ったが百年目》
《もう朝だ地球の裏で眠りたい》
《早寝早起き良い子になった六十路過ぎ》
《美しい指に見とれている手品》
《東京の砂漠で砂になっている》

「川柳句集 肥後椿」の作品情報

レーベル
――
出版社
新葉館出版
ジャンル
文芸 詩集 日本文学 俳句・短歌
ページ数
129ページ (川柳句集 肥後椿)
配信開始日
2016年10月13日 (川柳句集 肥後椿)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad