電子書籍 川柳句集 起きあがり小法師-喜寿回想 文芸

著: 猿田寒坊 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

川柳句集 起きあがり小法師-喜寿回想 あらすじ・内容

川柳歴60年、長きにわたり川柳の普及と発展に貢献してきた達人しか詠めない17音の境地。著者の喜寿および金婚を記念して編まれた待望の第3句集。
《あと一球良からぬことを考える》
《潔い進退誰も見ていない》
《打ち合わせしたアリバイがすれ違う》
《偉いこと言ってる偉くなった人》
《冗談はさて置き蝉のいのちなど》
《起きあがり小法師も払う消費税》
《不可侵のものがまだある喜寿夫婦》
《手花火のその真ん中に孫を置く》
《笑ってはいるが善人とも違う》
《見えてきたのは人の世の薄なさけ》

この作品を共有

「川柳句集 起きあがり小法師-喜寿回想」最新巻

川柳歴60年、長きにわたり川柳の普及と発展に貢献してきた達人しか詠めない17音の境地。著者の喜寿および金婚を記念して編まれた待望の第3句集。
《あと一球良からぬことを考える》
《潔い進退誰も見ていない》
《打ち合わせしたアリバイがすれ違う》
《偉いこと言ってる偉くなった人》
《冗談はさて置き蝉のいのちなど》
《起きあがり小法師も払う消費税》
《不可侵のものがまだある喜寿夫婦》
《手花火のその真ん中に孫を置く》
《笑ってはいるが善人とも違う》
《見えてきたのは人の世の薄なさけ》

「川柳句集 起きあがり小法師-喜寿回想」の作品情報

レーベル
――
出版社
新葉館出版
ジャンル
文芸 詩集 日本文学 俳句・短歌
ページ数
128ページ (川柳句集 起きあがり小法師-喜寿回想)
配信開始日
2016年10月13日 (川柳句集 起きあがり小法師-喜寿回想)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad