電子書籍 春妙のユーモア句集 文芸

著: 坂牧春妙 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

春妙のユーモア句集 あらすじ・内容

「ドタバタ喜劇ではない、むしろ真面目な中にふっと見せるおかしさ、涙ぐみたくなる程の暖かい笑い、大口あげて笑うのではなく、クスクス心の底から湧きあがるような笑い、いつまでも心に残って、人にも話さずにいられないような笑い」をユーモアと定義づける著者が、昨今のユーモアの在り方に疑問を投げかけ、自らの川柳で世に問う。
《睡眠薬ですと看護師来て起こし》
《いやらしい力士だという誉め言葉》
《黒犬が白髪になったことはない》
《修理屋が来て電源を入れてゆき》
《私だけ笑った品のない駄洒落》

この作品を共有

「春妙のユーモア句集」最新刊

「ドタバタ喜劇ではない、むしろ真面目な中にふっと見せるおかしさ、涙ぐみたくなる程の暖かい笑い、大口あげて笑うのではなく、クスクス心の底から湧きあがるような笑い、いつまでも心に残って、人にも話さずにいられないような笑い」をユーモアと定義づける著者が、昨今のユーモアの在り方に疑問を投げかけ、自らの川柳で世に問う。
《睡眠薬ですと看護師来て起こし》
《いやらしい力士だという誉め言葉》
《黒犬が白髪になったことはない》
《修理屋が来て電源を入れてゆき》
《私だけ笑った品のない駄洒落》

「春妙のユーモア句集」の作品情報

レーベル
――
出版社
新葉館出版
ジャンル
文芸 詩集 日本文学 俳句・短歌
ページ数
200ページ (春妙のユーモア句集)
配信開始日
2016年10月13日 (春妙のユーモア句集)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad