電子書籍 虫のひとりごと 文芸

著: 永井尚 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

虫のひとりごと あらすじ・内容

二十五年に渡る柳歴と、それを支えた愛妻への感謝を綴った句文集。
 決して平坦ではなかった夫婦生活と鋭意な着想を柔らかな言葉で表現した本書からは「脱皮もせず、羽化もできず虫のままでいたような気がする」という著者の五分の魂が感じられる。
《横文字でただの加齢と書いてあり》
《残高ゼロでまだ生きてたらどうしよう》
《一瞬にすべてを生きている花火》
《ストレスの丸投げ受けてくれた妻》
《主役にはなれず脇役気に入らず》
《天気予報も用心深くなってきた》
《メモをしたつもりが何に書いたやら》

この作品を共有

「虫のひとりごと」最新刊

二十五年に渡る柳歴と、それを支えた愛妻への感謝を綴った句文集。
 決して平坦ではなかった夫婦生活と鋭意な着想を柔らかな言葉で表現した本書からは「脱皮もせず、羽化もできず虫のままでいたような気がする」という著者の五分の魂が感じられる。
《横文字でただの加齢と書いてあり》
《残高ゼロでまだ生きてたらどうしよう》
《一瞬にすべてを生きている花火》
《ストレスの丸投げ受けてくれた妻》
《主役にはなれず脇役気に入らず》
《天気予報も用心深くなってきた》
《メモをしたつもりが何に書いたやら》

「虫のひとりごと」の作品情報

レーベル
――
出版社
新葉館出版
ジャンル
文芸 詩集 日本文学 俳句・短歌
ページ数
72ページ (虫のひとりごと)
配信開始日
2016年10月13日 (虫のひとりごと)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad