電子書籍 運命の泉 文芸

完結
著: 垣根 新 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

運命の泉 上 (前編) あらすじ・内容

左手の小指にある赤い感覚器官は運命の相手の方向と結ばれる導きを示しす。主人公は導きを信じて、村に訪れると、村には運命の泉があった。その泉は運命の相手を水面に写すと言うが・・・赤い感覚器官は運命の相手と結ばれるようにするだけで、直接には運命の相手を教えない。そんな、運命の泉は運命の相手を教えるのだろうか?。そして、赤い感覚器官(赤い糸)は同じ相手なのだろうか?
運命の泉 上  (前編)
 主人公は、運命の人を探すために旅に出た。何一つの目的地もないまま生まれ育ったところから出て初めての街に着くのだった。その街に着いてみると何か何まで初めて見る物であり光景であり。全てのことに驚くのだが、そこで、初めての試練であり。左手の小指ある赤い感覚器官の指示であり。運命の相手を探すための時の流れの修正が開始されたのだ。その修正の内容の中には初めての街を救うために隣の街から援軍の要請に向かう。その途中で何者か知らない者に襲われて・・・・知らない村に着いた。だが、幼児後退などの病気に掛かってしまったが病気は治るのだろうか、運命の相手には会えるのだろうか、運命の相手とは誰なのだろうか・・・・。

この作品を共有

「運命の泉」最新巻

左手の小指にある赤い感覚器官は運命の相手の方向と結ばれる導きを示しす。主人公は導きを信じて、村に訪れると、村には運命の泉があった。その泉は運命の相手を水面に写すと言うが・・・赤い感覚器官は運命の相手と結ばれるようにするだけで、直接には運命の相手を教えない。そんな、運命の泉は運命の相手を教えるのだろうか?。そして、赤い感覚器官(赤い糸)は同じ相手なのだろうか?
               運命の泉 下 (後編)
左手の小指の赤い感覚器官(赤い糸)の指示で、運命の人がいる村に帰って来れたのだ。おそらく、何の指示なのか分からないままだが、おそらく、これが最後の赤い糸の指示だろう。と思いながら村の中に入ろうとしていた・・・その後、近隣の村々が戦場になり。攻める側と守る側の兵力の差は圧倒的だったが、陣太鼓の音の響きで戦いの勢い・・・だが、北東都市の旗が掲げられると・・・・陣太鼓の音が変わると・・・ある者の宣言で・・・徴兵された者たちは自分の村に帰るのだったが、赤い感覚器官を持つ者も共に村に帰るが意識がないままだった。今までは、運命の人と結ばれる時の流れの世界を作る土台だった。やっと、目を覚ましてからは二人で旅に出ることで自分たちの時の流れの世界である。愛と愛の結ばれる世界を作る旅へ・・・。

「運命の泉」作品一覧

(7冊)

900円〜1,370円(+税)

まとめてカート

左手の小指にある赤い感覚器官は運命の相手の方向と結ばれる導きを示しす。主人公は導きを信じて、村に訪れると、村には運命の泉があった。その泉は運命の相手を水面に写すと言うが・・・赤い感覚器官は運命の相手と結ばれるようにするだけで、直接には運命の相手を教えない。そんな、運命の泉は運命の相手を教えるのだろうか?。そして、赤い感覚器官(赤い糸)は同じ相手なのだろうか?
運命の泉 上  (前編)
 主人公は、運命の人を探すために旅に出た。何一つの目的地もないまま生まれ育ったところから出て初めての街に着くのだった。その街に着いてみると何か何まで初めて見る物であり光景であり。全てのことに驚くのだが、そこで、初めての試練であり。左手の小指ある赤い感覚器官の指示であり。運命の相手を探すための時の流れの修正が開始されたのだ。その修正の内容の中には初めての街を救うために隣の街から援軍の要請に向かう。その途中で何者か知らない者に襲われて・・・・知らない村に着いた。だが、幼児後退などの病気に掛かってしまったが病気は治るのだろうか、運命の相手には会えるのだろうか、運命の相手とは誰なのだろうか・・・・。

(左手の小指に赤い感覚器官(赤い糸)背中に蜻蛉(カゲロウ)のような羽(羽衣)ある者の物語である)

 左手の小指にある赤い感覚器官は運命の相手の方向と結ばれる導きを示しす。主人公は導きを信じて、村に訪れると、村には運命の泉があった。その泉は運命の相手を水面に写すと言うが・・・赤い感覚器官は運命の相手と結ばれるようにするだけで、直接には運命の相手を教えない。そんな、運命の泉は運命の相手を教えるのだろうか?。そして、赤い感覚器官(赤い糸)は同じ相手なのだろうか?
               運命の泉 上 (後編)
 主人公は、村の人の優しく接してくれたことで、病気は治った。だが、村で目覚めた時から以前の記憶だけは戻らなかった。それでも、村の一員と認められた証明だろう。仕事を与えられたこともあるが、村の仕事も生活も楽しく一生の住処と考える気持にもなってきた時の事だった。この地域の領主の代行と言う者が現れて村の男の全てを兵員にすると命令をするのだ。この先の命の危機的な状況と未来を考えたからだろうか、一人の女性が好きだと内心の気持ちに気付いた。女性も思いを伝えてたが未来が心配になったことで、運命の泉を勧めたのだ。驚くことに運命の泉に思い人の姿が映し出された。だが、この先に結ばれるまでの様々なことが始まるのだった

左手の小指にある赤い感覚器官は運命の相手の方向と結ばれる導きを示しす。主人公は導きを信じて、村に訪れると、村には運命の泉があった。その泉は運命の相手を水面に写すと言うが・・・赤い感覚器官は運命の相手と結ばれるようにするだけで、直接には運命の相手を教えない。そんな、運命の泉は運命の相手を教えるのだろうか?。そして、赤い感覚器官(赤い糸)は同じ相手なのだろうか?
               運命の泉 中  (前編)
 徴兵されて任務地に赴く途中の都市で、主人公には記憶が戻っていないため仕方がないことだが驚きの人と再会する。そして、宿舎を案内されて過ごすことになり数日が過ぎるのだ。その都市は村と違った華やかな都市で様々なことで驚くが主人公だけではなく徴兵された者たちも人生で忘れらない思い出を作るのだ。だが、一時だけのことで、運命の相手と結ばれるための初めての時の流れの修正の指示を感じて、皆で任務地に赴くのだ。その途中で様々な時の流れの運命の修正をするのだが、成功するだろうか?・・・・すでに、都市の前では敵の陣形が整え終わり・・
・その後のことだった・・・風の噂である都市が王政を廃止して民主国家になったと・・・・だが、その噂と同時のことだった。都市名も国名も分からないが十万以上の軍勢が集結すると、ある都市に進軍するのだった。

「運命の泉」の作品情報

レーベル
BCCKS Distribution
出版社
BCCKS Distribution
ジャンル
文芸 ダイレクト出版 同人誌・個人出版 完結
ページ数
139ページ (運命の泉 上 (前編))
配信開始日
2016年10月18日 (運命の泉 上 (前編))
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad