電子書籍 日本語動詞 態文法を再生する 実用

著: 村山匡司 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

日本語動詞 態文法を再生する あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「態の双対環」を使えば、「態」がすっかり分かります。

日本語動詞は「態活用」に従って、動作主体や被動作客体、発生事象など主格の焦点を自由に移して描写することができます。
つまり、一つの動詞を態活用させれば、登場人物の誰でもが動作の主役になれる。それを実感して「態」を使いこなせるようにと考えたのが、能動系、強制系、使役系3つの「態の双対環」です。
これで「動詞の機能」360度空間を描写できるはずです。
新提案ですから、既存説に惑わされず、ゆっくり読んでください。
【注】画面の小さい媒体では読みにくい場合があります。

この作品を共有

「日本語動詞 態文法を再生する」最新刊

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「態の双対環」を使えば、「態」がすっかり分かります。

日本語動詞は「態活用」に従って、動作主体や被動作客体、発生事象など主格の焦点を自由に移して描写することができます。
つまり、一つの動詞を態活用させれば、登場人物の誰でもが動作の主役になれる。それを実感して「態」を使いこなせるようにと考えたのが、能動系、強制系、使役系3つの「態の双対環」です。
これで「動詞の機能」360度空間を描写できるはずです。
新提案ですから、既存説に惑わされず、ゆっくり読んでください。
【注】画面の小さい媒体では読みにくい場合があります。

「日本語動詞 態文法を再生する」の作品情報

レーベル
――
出版社
ブイツーソリューション
ジャンル
実用 語学
ページ数
88ページ (日本語動詞 態文法を再生する)
配信開始日
2016年10月21日 (日本語動詞 態文法を再生する)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad