電子書籍 おしい刑事(ポプラ文庫) 文芸

著: 藤崎翔  イラスト: 師岡とおる 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

おしい刑事 あらすじ・内容

推理力抜群で華麗に犯人を追い詰めるのに、いつも最後の最後で詰めが甘く、イケメンの後輩・横手に手柄をとられてしまう押井敬史巡査長。 そんな彼を周囲は愛ある上から目線で“惜しい刑事”と呼ぶ。 完璧に事件を解決し、不本意な呼び名を返上すべく奮闘する押井。 でも、やっぱり今日もまた……。 日本一残念な刑事が挑む6つの難事件。 腹筋崩壊の連作ミステリ。

この作品を共有

「おしい刑事(ポプラ文庫)」最新刊

冴えた推理を披露するものの、必ずあと一歩で周囲に手柄を奪われる、もはや神業的能力を持つ押井刑事。 絶望の淵にいる彼を救ったのは、同じ署に配属された美しい後輩女性刑事だった。 ただ、彼女の灰田絵奈という名前を聞いて、押井の胸に不吉な予感がよぎる──。

「おしい刑事(ポプラ文庫)」作品一覧

(2冊)

各680円 (+税)

まとめてカート

推理力抜群で華麗に犯人を追い詰めるのに、いつも最後の最後で詰めが甘く、イケメンの後輩・横手に手柄をとられてしまう押井敬史巡査長。 そんな彼を周囲は愛ある上から目線で“惜しい刑事”と呼ぶ。 完璧に事件を解決し、不本意な呼び名を返上すべく奮闘する押井。 でも、やっぱり今日もまた……。 日本一残念な刑事が挑む6つの難事件。 腹筋崩壊の連作ミステリ。

冴えた推理を披露するものの、必ずあと一歩で周囲に手柄を奪われる、もはや神業的能力を持つ押井刑事。 絶望の淵にいる彼を救ったのは、同じ署に配属された美しい後輩女性刑事だった。 ただ、彼女の灰田絵奈という名前を聞いて、押井の胸に不吉な予感がよぎる──。

「おしい刑事(ポプラ文庫)」の作品情報

レーベル
ポプラ文庫
出版社
ポプラ社
ジャンル
文芸 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
265ページ (おしい刑事)
配信開始日
2016年10月19日 (おしい刑事)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad