電子書籍 三浦光世 電子選集 妻 三浦綾子と生きた四十年(三浦綾子 電子全集) 文芸

著: 三浦光世 

まずは、無料で試し読み

試し読み

33ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

三浦光世 電子選集 妻 三浦綾子と生きた四十年 あらすじ・内容

三浦光世が、妻・綾子との四十年にわたる思い出を短歌に寄せる形でまとめたエッセイ。折々の<愛の足跡>が刻まれている。

三浦光世が、作家である妻・綾子との四十年にわたる思い出を短歌に寄せる形でまとめたエッセイで、折々の愛の足跡が刻まれている。

君を想ふ夕べかなしくて袖に来し白き蛾を鉢の菊に移しぬ

という出会いの頃の相聞歌から始まり、最後は

カリエスを病みし脊椎はどの骨か分骨の壺に入れる手を止む

小さき壺に分けゆく妻の遺骨の中緑の斑点を持てる一片でしめられている。

この作品を共有

「三浦光世 電子選集 妻 三浦綾子と生きた四十年(三浦綾子 電子全集)」最新刊

三浦光世が、妻・綾子との四十年にわたる思い出を短歌に寄せる形でまとめたエッセイ。折々の<愛の足跡>が刻まれている。

三浦光世が、作家である妻・綾子との四十年にわたる思い出を短歌に寄せる形でまとめたエッセイで、折々の愛の足跡が刻まれている。

君を想ふ夕べかなしくて袖に来し白き蛾を鉢の菊に移しぬ

という出会いの頃の相聞歌から始まり、最後は

カリエスを病みし脊椎はどの骨か分骨の壺に入れる手を止む

小さき壺に分けゆく妻の遺骨の中緑の斑点を持てる一片でしめられている。

「三浦光世 電子選集 妻 三浦綾子と生きた四十年(三浦綾子 電子全集)」の作品情報

レーベル
三浦綾子 電子全集
出版社
小学館
ジャンル
文芸 エッセイ
ページ数
188ページ (三浦光世 電子選集 妻 三浦綾子と生きた四十年)
配信開始日
2016年10月28日 (三浦光世 電子選集 妻 三浦綾子と生きた四十年)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad