電子書籍 唐牛伝~敗者の戦後漂流~ 実用

著: 佐野眞一 

まずは、無料で試し読み

試し読み

48ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

唐牛伝~敗者の戦後漂流~ あらすじ・内容

六〇年安保に火をつけた男の全生涯。

装甲車を乗り越えよ――。その男は国会前に群がった学生たちに咆哮すると、車の上から、警官隊にダイブした。全学連委員長・唐牛健太郎。六〇年安保はこの男の情念が火を付けた。

しかし、500万人の男を熱狂させた「政治の季節」は岸信介政権退陣とともに過ぎ去る。ともに闘った若者たちは社会に戻り、高度経済成長を享受した。

唐牛健太郎だけはヨットスクール経営、居酒屋店主、漁師と職を変え、日本中を漂流した。彼はなぜ、“何者か”になることを拒否したのか。ノンフィクション作家・佐野眞一が北は紋別、南は沖縄まで足を運んだ傑作評伝。

※この作品は過去に単行本版として配信されていた同名タイトル の文庫版となります。

この作品を共有

「唐牛伝~敗者の戦後漂流~」最新刊

六〇年安保に火をつけた男の全生涯。

装甲車を乗り越えよ――。その男は国会前に群がった学生たちに咆哮すると、車の上から、警官隊にダイブした。全学連委員長・唐牛健太郎。六〇年安保はこの男の情念が火を付けた。

しかし、500万人の男を熱狂させた「政治の季節」は岸信介政権退陣とともに過ぎ去る。ともに闘った若者たちは社会に戻り、高度経済成長を享受した。

唐牛健太郎だけはヨットスクール経営、居酒屋店主、漁師と職を変え、日本中を漂流した。彼はなぜ、“何者か”になることを拒否したのか。ノンフィクション作家・佐野眞一が北は紋別、南は沖縄まで足を運んだ傑作評伝。

※この作品は過去に単行本版として配信されていた同名タイトル の文庫版となります。

「唐牛伝~敗者の戦後漂流~」の作品情報

レーベル
小学館文庫
出版社
小学館
ジャンル
実用 政治 ノンフィクション 社会
ページ数
525ページ (唐牛伝~敗者の戦後漂流~)
配信開始日
2018年11月16日 (唐牛伝~敗者の戦後漂流~)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad